TOP > ニュース 一覧

『マツコの知らない世界』で話題62歳“腹筋女子”、究極の腹筋を作るドラゴンフラッグとは

フォロー 友だち追加
2024/02/28(水)UP

62歳にしてこの腹筋の澤田めぐみ

 昨日27日にTBSで放送された『マツコの知らない世界』に、62歳のフィジーク女王で日本一の腹筋女子の澤田めぐみが出演し、究極の腹筋トレーニング法“ドラゴンフラッグ”が話題になっている。バキバキの腹筋を作る高強度の“ドラゴンフラッグ”とは?

【フォト】奇跡の62歳  澤田めぐみ、ビキニ姿でバキバキ腹筋!“ドラゴンフラッグ”動画も

 番組では、“腹筋女子の世界”として、女子フィジークで2度の2連覇を達成した澤田めぐみが登場。腹筋を鍛えるトレーニングが紹介され、とくに注目を集めたのが究極の腹筋トレーニング法“ドラゴンフラッグ”だった。

 このトレーニングは、ベンチ台に仰向けになり、両手でベンチ台をつかみながら高く足、腰、背中を上げ下げするというもの。

 20年6月の月刊『IRONMAN』の腹筋ベスト25に選ばれた際に澤田は「(腹筋)下部に効かせるようにようにアーチを描くように行います。また、背中、上腕三頭筋、前鋸筋(ぜんきょきん)を主に使う意識をします。ドラゴンフラッグを取り入れて腹筋が良くなり、厚みを出すためのポイントとして強度は必要だと、とても感じていました」とコメント。

 そして、「最初はアブコースター(腹筋トレーニングマシーン)に負荷をどんどんかけて重くしていくことを考えていましたが、こういう強度ではなく、高強度のドラゴンフラッグができる体幹を持つことが大切なんだと感じています。腹筋だけに負荷をかけて強度を上げるだけではなくて、背中、腕、ミッドセクション全てを使う強度の高いトレーニングからも攻めていくということもアリだと思います」とも語っている。

 高強度の腹筋トレーニングだけではなく、それを実現するための体幹が必要になるという。たしかに、誰でもすぐにできるものではないことは一目瞭然だろう。

 澤田は、「世界で勝てなかった選手がいるので、もっと身体に厚みをもたせたい」と世界一を目指している。究極のさらに上の究極へ。澤田の挑戦は、まだまだ続きそうだ!

▶︎次のページは【フォト】奇跡の62歳  澤田めぐみ、ビキニ姿でバキバキ腹筋!“ドラゴンフラッグ”動画も

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【フォト】奇跡の60歳 澤田めぐみ、ビキニ姿でバキバキ腹筋!

・【フォト】ダンシーあずさ、澤田めぐみと“最強腹筋”アピール

・【フォト】減量中の“筋肉女子”ちゃんよた、黒のスポブラ姿と割れた腹筋

・【フォト】話題の“小顔ショート”ラウンドガール

・【フォト】一番小さなRIZINガール、赤のミニ衣装にファン「めっちゃ可愛い」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧