TOP > ニュース 一覧

マイク・タイソン、ジェイク・ポールと初フェイスオフにボディブロー!2分8R制に「2分だから、より激しくファイトできる」

フォロー 友だち追加
2024/05/14(火)UP

激突するタイソン(右)とジェイク(左)(c)Getty/NAoki Fukuda

 7月20日(土・現地時間)米国テキサス州にて対戦する、元プロボクシング世界ヘビー級王者マイク・タイソン(57=米国)とジェイク・ポール(27=米国)が13日に米国NYで開催されたキックオフ会見に出席。対戦が決まってから公式の場では初のフェイスオフを行い、タイソンは笑みを浮かべジェイクのボディにパンチを入れると、ジェイクも笑いながらも反撃し両手でタイソンを突き飛ばして見せた。
 そしてマッスルポーズを見せるジェイクの腕は大きく見え、またタイソンのボディもTシャツながらマッスル度が上がっているように見えた。互いに良い仕上がりのようだ。

【フォト&動画】タイソン、ジェイク・ポールと初フェイスオフ!ボディブロー、互いのボディ比較も

 現在57歳のタイソン、20年11月のロイ・ジョーンズ・ジュニアとのエキシビションマッチ以来3年8か月ぶりにリングに戻ってくるが、今回のルールは、14オンスのグローブを使用、2分8Rのヘビー級マッチに。当初エキシビションで行われる予定だったのが、最終的にプロ戦として認可された。

 会見で、タイソンは「ジェイクのことは本当に好きだ。でもリングに上がったら、人生を賭けた戦いになる」と気迫。”リングには高齢すぎる”の批判に対しては「これは他の誰にもできないこと。スポーツ界を黙らせることができるのは一体誰だい?」と強い口調で語った。

 対するジェイクもタイソンの考えに賛同する。「彼は激闘を望んでいる。ユーチューバーである私の活躍に終止符を打つために立ち上がった彼を尊敬する。もしマイクが私を倒したなら彼はヒーローだ」と語った。

 そして2分8ラウンド制にしたことについて、タイソンは「1Rが2分間だからより激しくファイトできる。アクションも多くなる」といい、ジェイクも「激しい戦いになる。パンチも多く出て、一気に勝負を仕掛ける戦いになるだろう。ファンにとって、より楽しみめる内容になるはずだ」と語った。

 試合当日はタイソンが58歳となり、30歳以上の年齢差があるが、どの様な戦いとなるのか。タイソンは以前のインタビューで「死ぬほど怖い、これは戦いだ」とガチの戦闘であることを強調し、練習ではジムで葬式の音楽を流しながら、緊張を高め、厳しく入念な準備を行っているというが、果たして。

▶︎次ページは【フォト&動画】タイソン、ジェイク・ポールと初フェイスオフ!ボディブロー、互いのボディ比較も

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【フォト&動画】タイソン、ジェイク・ポールと初フェイスオフ!ボディブロー、互いのボディ比較も

・マイク・タイソン、ジェイク・ポール戦に「死ぬほど怖い」と告白、ルールの詳細も

・フューリー父が頭突き流血の惨事!ウシク陣営と乱闘騒ぎに=ボクシング・ヘビー級統一王座戦

・アナ大失態の”勝者読み違え!“ボディペイント美女”ボクサーが一転勝利も敗れた王者が激怒、一体何が!?

・王者ロマチェンコの“圧巻KO動画”が話題、当てさせず一方的連打の神技ぶりも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧