TOP > ニュース 一覧

井岡一翔、田中恒成との再戦をきっぱり否定「成し遂げたいことある」

フォロー 友だち追加
2024/05/20(月)UP

20年大晦日、井岡(左)は田中(右)にTKO勝利 写真:Naoki Fukuda

 7月7日(日)東京・両国国技館にて行われるプロボクシングで、IBF王者フェルナンド・マルティネス(32=アルゼンチン)との統一戦を控えた、WBA世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(35=志成)が、ABEMAボクシングチャンネルYouTubeの生配信に出演し、視聴者からの質問等に応じた。
 井岡は、20年大晦日にTKO勝利した田中恒成との再戦について「戦う気持ちは全くない」ときっぱり否定した。

【フォト】井岡一翔、田中恒成から3度のダウン奪いTKO勝利!

 井岡は、階級を上げることはあるかとの問いに「現時点では考えていない」と視野に無いと言う。続けて「統一戦も控えているし、成し遂げたいこともある。エストラーダ選手との試合も残っている。彼が現状この階級で評価が高い。その先は考えていない」と以前から熱望していた、現WBC世界スーパーフライ級王者で、2階級制覇のファン・フランシスコ・エストラーダとの対決を望む。

 エストラーダは6月29日、やはり世界二階級制覇ジェシー・ロドリゲスとの試合を控えており、井岡は「その勝者にもよる」と評価の高い強者と戦いたい希望が強い。

今年2月、WBOスーパーフライ級王者となった田中は、井岡へのリベンジを狙う

 また、20年大晦日にWBO世界スーパーフライ級王座防衛戦として戦い、井岡がTKO勝利した田中恒成との再戦について問われると「彼との戦いは自分の中で終わっている。(田中は王座に)返り咲いたが、戦いたいと思う気持ちもない。一回証明していること」とすでに勝敗をつけた相手と認識する。
 さらに「今の流れでいくと、マルティネス選手と統一して、自分の望んでいる更なる試合になる。自分の思い描くストーリーに彼はもういない。タイトルというか、階級で一番強い選手と評価してもらえる選手とやりたい」ときっぱり否定した。

 田中は今年2月、WBO世界スーパーフライ級王座を奪取し4階級制覇。井岡へのリベンジを望んでいたが、井岡のビジョンは既に違う所にあるようだ。

▶︎次のページ:【フォト】井岡一翔、田中恒成から3度のダウン奪いTKO勝利!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【フォト】井岡一翔、田中恒成から3度のダウン奪いTKO勝利!

・これぞ番狂わせ!尾川堅一倒したコルディナが“ボコボコ”KO負け、35歳の苦労人が戴冠

・アッパーで豪快KO!カウント中に”ヤンキー座り”で見つめる動画が話題、王者クロフォードの暫定王者に

・【RISE】“魅惑ボディ”のラウンドガール、熱戦に大興奮!「思わず声が…」

・あの“胸見せ”騒動の美女ボクサー、マッスル度がアップ!日焼けビキニ姿に「もう降参だ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧