TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】計量パスのベイノア、1kg超過のケースに「明日はベストを尽くそう!」試合承諾

フォロー 友だち追加
2024/06/08(土)UP

ケースの1kgオーバーも試合を承諾したベイノアは、「ベストを尽くそう」と叫んだ

 6月9日(日)東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催される『RIZIN.47』の前日計量が、8日、都内会場にて行われ、[RIZIN MMAルール:5分 3R(71.0kg)]に出場する“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館)が70.95kgで計量パスし、鍛え上げたマッスルボディを披露した。だが、ジョニー・ケース(アメリカ/MMA LAB)は契約体重1kgオーバーの72.00kg。両者協議の結果、ケースはレッドカードスタート、ケースが勝った場合はノーコンテストとなるルールが採用されることとなった。

【フォト&動画】ベイノア、“鍛え上げた”マッスルボディ!気合いのコメントも

 計量会場にはベイノアのみ登場し、無事に契約体重をパスしたが、すでに本計量を行いペナルティを言い渡されたケースは体力回復のために現れなかった。

 ベイノアは「押忍!今、言われた通りなんですが、僕がやることは変わらないです。しっかり相手にリスペクトを持って倒しに行きます。毎試合、こんなケースもあるかなと思って準備してきましたので、やることは変わらないです。ファンの皆さんも変わらず楽しんでいただけたらと思います。(英語で)ジョニー!明日は互いにベストを尽くしましょう」と挨拶した。

ケースが体調不良のため、ベイノアが一人で公開計量に臨んだ

 なお、7日に行われた計量前日の個別インタビューでベイノアは、「相手は言わずと知れた、THE MMAコンプリートファイター。負ける勇気を持って、勝ちに行きます」と内容と結果でファンの評価を覆したいと意気込んだ。

 ケースも、ヒザの怪我からの久しぶりのRIZIN参戦について「復帰できることは幸せだなと思っていますし、自分の場所はここなんだなと思っています」と発言したばかりだったため、今回の計量オーバーは痛恨の極みだろう。

 だが、ベイノアが話したように、互いにベストを尽くせばいい試合になるはずだ。明日は、互いの力を出し切ってほしい!

<2人の近況>
 ベイノアは22年大晦日に宇佐美正パトリックに秒殺KO負けした後、元UFC絶対王者ハビブ・ヌルマゴメドフらを擁するアメリカン・キックボクシング・アカデミー(AKA)で修行。約1年間単身渡米し、期待された状態で先月『RIZIN.46』で井上雄策と対戦。判定勝利したが、消極的な試合内容にブーイングを浴びる結果となってしまった。

 ケースは、22年4月にタイトルマッチで王者ホベルト・サトシ・ソウザにも挑戦しているRIZINライト級のトップファイター。同年7月に武田光司にも敗れ、連敗となったが大晦日は大尊伸光にTKO勝利して再起。およそ1年半ぶりの試合となる。

▶次ページは、【フォト&動画】ベイノア、“鍛え上げた”マッスルボディ!気合いのコメントも

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【フォト&動画】ベイノア、“鍛え上げた”マッスルボディ!気合いのコメントも

・【RIZIN 結果 速報】6.9『RIZIN.47』全試合

・【RIZIN】上田幹雄、大型外国人相手にKO宣言!極真空手に+大橋ジムでパンチ強化

・【RIZIN】クレベル、アーチュレッタ共に計量パス!「階級上げても王者になれると証明する」(アーチュレッタ)

・【テレビ・配信】6.9『RIZIN.47』生中継、TV放送、ネット配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧