TOP > 試合結果

【K-1】秋山、完封勝利も桜庭が猛抗議! 須藤は引退宣言、魔裟斗&KID&ホンマンは快勝

2006/12/31(日)UP

TBS/MBS/FEG
「K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!」

2006年12月31日(日)大阪・京セラドーム大阪(旧・大阪ドーム)
開場13:00 開始15:00 観衆=51,930人

▼第12試合 HERO’Sルール 85㎏契約1R・10分、2R・5分、延長1R・5分
○秋山成勲(フリー/初代ライトヘビー級王者) 
TKO 1R5分37秒 ※レフェリーストップ
●桜庭和志(フリー)

 1R、入場で赤い道衣を着用してくるも試合では脱いで臨む桜庭、これに呼応するように対する秋山も道衣を脱ぐ。立ち上がり、ローで様子を見る桜庭に対し、秋山も探るようなローをお返し。

 右ローを放ってから間合いを詰める秋山に合わせて桜庭がタックルを狙うが、秋山は後ろに下がって回避。ここで秋山の右ローが桜庭の下腹部に入り、試合は一時中断。

 試合再開、フェイントを交えつつ前に出て桜庭にプレッシャーをかける秋山は大振りの右フックを放つなど、思い切りのいい攻撃を見せていく。

 前に出てきた桜庭に対して秋山は打撃で優勢の展開に持ち込む。さらにバックブローから左右のフック、劣勢の桜庭は起死回生のタックルを狙うが、秋山はこれを難なく切るとロープに追い込んでパウンドの嵐を浴びせた。

 ここで桜庭は梅木レフェリーに対しタイムを要求。どうやら桜庭が片足タックルにいった際に滑ったらしく、「秋山は油を塗っているからチェックをしてくれ」と猛抗議。

 しかしこの要求は通らず。防戦一方の桜庭は下から足を取りに行くが、秋山はこれを凌いでサイドを取ると強烈で怒涛の鉄槌を繰り出した。レフェリーに動くようにせかされても「動けるわけがない。確認しろ」と強く訴える桜庭は試合どころではない。打たれるだけの桜庭を見たレフェリーが試合をストップ、運命の一戦は秋山が制した。

 メインを勝利で締めくくった秋山はマイクを持つと「今日ボクのために入場してくれた子供たち、柔道ってなかなか強いやろ?(笑) 本当ならば柔道最高と言いたいところですが、この試合の前に清原さんと飯を食ってて『アキ(秋山)、勝利インタビューがあればみんなを泣かせろ』と言われたんですが、ボクはそれがいやで、こうすることに決めてました。

 この勝利、死に物狂いで頑張ってる、清原一博、この男に捧げます。来年、ボロボロになって野球場に立っているこの男に、ここにいる5万のファンの皆さん、応援宜しくお願いいたします!」と盟友である清原へに最高のエールを送った。

 試合後、桜庭はレフェリーに対し不満を爆発。控え室に戻ってからも興奮の収まらない桜庭はインタビューを行える状態ではなかった。谷川代表は「最後に試合を止めたのは、レフェリーと前田(日明)SVの判断です。試合後に着ていた道衣を含め、秋山選手の体をチェックしたのですが、油らしきものは塗っていませんでした。

 サミングや金的行為だったら試合は中断すべきですが、あれは桜庭選手の主張なので止めるべきではない。でもあんなに桜庭選手が怒りを露にしているのは初めてですね」とコメント。

 後味の悪い終わり方だっただけに、秋山は「すっきりしなくてもどかしいですね。残念ですけど、結果は結果なんで。(桜庭は)僕の体が滑ると言っていたみたいです。試合後に相手のセコンド、審判団にチェックしてもらいましたけど大丈夫でしたよ。最後はパンチを落とし続けて『早く止めてくれ』という気持ちでした。殺し合いはしたくないので」と試合を振り返る。

 そして「壁にブチ当たる年だと思うんです。この勝利に天狗にならず、自分を見つめなおすことが壁に備える第一歩だと思っています」と来年に向けて意気込んだ。

▶︎次ページは魔裟斗、チェ・ホンマン、山本“KID”徳郁の結果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果