TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】武田幸三、ジョン・ウェインとの激闘でKO敗けも現役続行を宣言

2008/01/20(日)UP

最後は右ストレートで打ち抜きKOジョン・ウェインのKO勝ちとなった

新日本キックボクシング協会/治政館
「BRAVE HEARTS 7」

2008年1月20日(日)東京・後楽園ホール
開場16:45 開始17:00

▼メインイベント WKBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ 3分5R
○ジョン・ウェイン・パー(オーストラリア/王者)
KO 4R1分20秒 ※3ノックダウン
●武田幸三(治政館/挑戦者・同級3位)
※ジョン・ウェインが王座防衛に成功。

 入場時、リングアナウンサーから武田の名前がコールされると、早くも後楽園ホールには「武田!」コールが巻き起こる。その中を武田は真っ白なガウン姿で登場。国歌斉唱では君が代をファンが熱唱し、武田への激励賞の数々が読み上げられ、ファンからは花束が贈呈されるなど、場内は武田の応援ムード一色となった。

 1R、武田はいきなり強烈な右ロー! パーはワンツーから左ミドル、さらにインローを蹴っていく。ジリジリと間合いを探りながら右ローを蹴る武田。パーの右ミドルをブロックすると、すかさず右のローを返す。

 武田の右ローに対して、右ストレートで距離を詰めるパー。しかし武田はそれを突き放して着実に右ローを当てていく。それでも構わず前に出るパーは武田をロープまで詰めると、左フック、左アッパー、右ストレートと怒涛の連打! しかし武田も両腕でガッチリと自分の顔面をブロックし、逆にカウンターの右ストレートを返す!

 距離が開くと武田はやはり右ロー。パーは自分の左足を上げたまま、受け流すようにして武田のローをディフェンスする。そしてインローや左ミドルを蹴りながら、武田のブロックの間を狙って右のパンチを強引にねじ込んでいく。

 下がりながらも必ず右ローを蹴る武田。パーがパンチで前に出てくると、狙い済ました右ストレート! これをもらいながらも前に出て右アッパーを連打するが、再び武田の右ストレートがヒット! 動きの止まったパーだったが「効いていないよ」とばかりにガードを下げて武田を挑発する。

 2R、まずはパーが先に右ローを蹴る。武田はそれを受けながらも強烈な右ローを返す。武田のローに合わせてパンチで飛び込むパー。武田のブロックが固いと見るや、パンチから右ミドル。さらにはボディへの右ストレートなど、バリエーション豊かな攻撃で武田を攻め立てる。しかし武田のブロックは固く、クリーンヒットを許さない。逆に武田は確実に右ローを当て続け、パーのパンチに対してもカウンターの右! 手数ではパーに圧倒されるものの、一発の破壊力と的確さでは武田が上回る。ラウンド後半はガードを固めて亀になる武田のディフェンスをパーがなかなか崩せないという展開が続いた。

反撃に出る武田

 3R、右ローや左の前蹴りで距離を測るパー。武田は右ローを蹴る。武田の右ローにワンツーで飛び込むパーは、そこから右アッパーや左ハイキック。さらに右ストレートで前に出る。武田はパーの連打に対しても冷静にブロックを固めて右ロー、そしてパーが打ち気になって前に出て来たところにカウンターの右! これがパーの顔面を捉える。これを受けても全く下がらないパーだったが、足が止まったところに武田が強烈な右ローを蹴り込む! 

 右ボディストレートで前に出るパーは、パンチで武田にガード上げさせてをそこに左ミドル。武田にロープを背負わせると、強烈な右ストレートを打ち込む。するとここで武田が左目まぶたをカット、ドクターチェック後に試合再開となる。再開後、パンチの打ち合いになると武田の左フックがヒット! さらにそこから立て続けに右ストレートも当たる! 猛然とパンチで攻め立てる武田! するとパーも武田のパンチに応じて、足を止めて真っ向から打ち合う。激しい打ち合いに場内は一気に盛り上がった。

 4R、ここはパーがジャブと右ローのコンビネーション。しかし武田の強烈な右ローでパーの足が止まる。さらに武田はパーのジャブに対して右ストレートのカウンター! さらに返しの左フックを当てる! ここから武田が一気に攻勢に出るかに見えたが、パンチの打ち合いの中でパーが体ごと突っ込むような右! この一発で武田が尻餅をついてしまい、武田が先にダウンを奪われる!

 再開後、ダウンを奪い返そうと激しく打ち合う両者だったが、ここでもパーの右ストレートが当たり武田が2度目のダウン! これで武田は完全に後がなくなってしまう。何とか立ち上がり、ガードを固める武田に対し、パーは右アッパーを連打。武田も距離を取って必死にパンチを打ち返すが、パーの右ストレートが武田の顎を打ちぬき、武田がマットに崩れ落ちる。パーへのリベンジを誓った武田だったが壮絶なKO劇でマットに散った…

 昨年5月のサムンサック戦後、パーとのリベンジマッチについて「そろそろいろんな答えを出さないといけないので、今年はいろんな意味での節目になると思います」と意味深な発言をしていた武田。
(※当初、ジョン・ウェインとの再戦は2007年中に行われる計画だった)

 試合終了後のコメントに注目が集まったが「自分の攻撃が効いているのも分かったし、いつもみたいにパンチをもらって記憶が飛ぶこともなかった。本当に悔しい。本当に悔しかった」と試合を振り返り、今後について聞かれると「もうちょっとやってもいいですか?」と現役続行を宣言。

 武田は「この年齢になると毎回“引退”の二文字が頭について回る。(現役続行は)プロである以上、見に来てくれるお客さんあってのものだし、それはお客さんが決めることだと思います」としながらも「個人的には悔しくてしょうがない。練習量が落ちているわけじゃないし、練習以外のアフターケアも今まで以上にやってきた。目も前よりはいいんですよ。もうちょっとやりたい。個人的にはやれる気がします」と、悔しさを噛み締めながらも力強く語った。

▶︎次ページは石井宏樹が元ラジャ王者に勝つ、菊地剛介はKO勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧