TOP > 試合結果 一覧

【K-1】極真カラテ世界王者テイシェイラがジャパンGP制覇!武蔵が1回戦敗退の大波乱

2008/06/29(日)UP


FEG
「K-1 WORLD GP 2008 IN FUKUOKA」

2008年6月29日(日)マリンメッセ福岡
開場13:30 開始15:00
観衆=6,927人(主催者発表)

▼メインイベント(第10試合) K-1 JAPAN GP2008トーナメント決勝戦 K-1ルール 3分3R延長2R
○エヴェルトン・テイシェイラ(ブラジル/極真会館)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●前田慶次郎(※後の京太郎/チームドラゴン)
※テイシェイラが優勝。

 3年ぶりに開催された『ジャパンGP』の決勝戦は、極真カラテの現役世界チャンピオンであるテイシェイラと、1回戦で武蔵を破った前田によって争われることになった。

 1R、前足でリングをドンと踏み鳴らして挑発する前田にテイシェイラがインロー、前田の左ミドルには後ろ廻し蹴りを合わせようとする。左右のフックで一気に前に出るテイシェイラの脇を潜り、パンチをかわす前田。

 右ストレートをかわそうとした前田がバランスを崩してロープ際に吹っ飛ぶ。テイシェイラが左フック、足を使って回り込もうとする前田との距離を一気に詰める。大きく回り込んでいく前田だが、攻撃はほとんで出ない。

 2R、やはり左へ回り込む前田は右ミドル、パンチを返されそうになると自分から倒れ込んでパンチをかわす。テイシェイラが捕まえてのヒザ、ローから後ろ蹴り。前田は右ローを蹴って回り込み、

 テイシェイラは一気に間合いを詰めて右フック。前田がパンチで出ようとすると左ミドル、さらに間合いを詰めて右ストレート。右ストレートからの左ローで前田がバランスを崩す。ジャブを出して回り込む前田が、左ミドルをヒットさせたところでラウンド終了。

 3R、ローを蹴って下がる前田、テイシェイラが追って来るところをパンチで迎え撃つ。前田がパンチで勝負をかけるが、テイシェイラも強いフックで打ち返す。お互いに近距離で連打を繰り出すが、どちらもクリーンヒットはない。

 テイシェイラのローキック二発に前田は連打を返す。テイシェイラが左ボディから右フック、前田も連打から右ストレート。テイシェイラのローに前田が左フック、テイシェイラの右フックには組み付く。

 お互いにパンチを繰り出し、下がっては前に出るという展開。このラウンドは前田がややヒット数で上回ったかに見えたが…。

 判定は3-0でテイシェイラ! 2001年のニコラス・ペタス、2005年のボブ・サップに続いて3人目の外国人ジャパンGP優勝者に。1回戦で優勝候補筆頭の武蔵を破った前田だが、優勝候補“本命”のテイシェイラの前にあと一歩及ばず。プロデビュー以来の連勝記録は「12」でストップ。テイシェイラは極真から続くVS日本人無敗記録をさらに伸ばした。

「みなさん、こんにちは」と日本語で挨拶したテイシェイラは、「ありがとうございました、磯部師範。私の目標をひとつひとつ歩んでいけることを幸せに思います。本日、この大会に参加することが出来て感謝しています。フィリォ師範、日本とブラジルの一撃アカデミーの皆さん、日本の皆さんありがとうございました」と、丁寧にお礼を言った。

▶︎次ページはセーム・シュルトvsバンナ、バダ・ハリvsグラウベ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧