TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】アンディ・サワーが決勝で師弟対決を制しS-cup4度目の制覇!

2012/11/17(土)UP

 

▲S-cup4度目の優勝を果たしたアンディ・サワー(中央)

シュートボクシング協会
「SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2012」
2012年11月17日(土)東京・両国国技館

 

▼メインイベント(第14試合) S-cup2012決勝戦 3分3R延長2R
○アンディ・サワー(オランダ/TEAM SOUWER/S-cup2002・2004・2008優勝)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●ヘンリー・オプスタル(オランダ/TEAM SOUWER/WMC欧州スーパーウェルター級王者)
※サワーが優勝。

『S-cup2012』の決勝戦は、サワーとチーム・サワーのヘンリーによる師弟対決で争われることになった。サワーが最後のS-cupで4度目の優勝を飾るか、それともヘンリーが師匠を超えて世代交代を果たすのか!?

 1R、ワンツーからレバーブローを放つサワーに、ヘンリーも同じ技から右ハイキック。サワーのパンチに対してヘンリーはハイキックを多用する。

 サワーの蹴り足をキャッチしたヘンリーがサワーのバランスを崩しながらのパンチ。サワーは左右のローから右ミドル、レバーブロー。ワンツーから右ロー。サワーの気迫に下がるヘンリーにサワーが右フックを見舞う。

 2R、サワーはインローで崩しながらのパンチを狙い、ヘンリーは蹴りを多用。組み付いたサワーが投げを狙うが、ヘンリーは腰を落としてディフェンスする。

 ヘンリーをコーナーに追い詰めたサワーが右ストレート。顔面へパンチを集めてボディを叩く。サワーを左フックで迎え撃つヘンリーだがサワーの手数が上回る。ヘンリーの左フックでサワーがバランスを失い、転倒したところでラウンド終了。

 3R、ジャブを出すヘンリーにサワーは何度も組み付いて投げを狙う。

 ヘンリーの左ハイキックがサワーの頭部を捉えたが、サワーはすぐにパンチの連打からハイキックのお返し。ヘンリーは左フックを狙い、組み付いたサワーがバックドロップ。サワーがパンチで前へ出ようとしたところで試合終了となった。

 判定は3-0でサワー! S-cup4度目の優勝という金字塔を打ち立てた。

 サワーは「4回目のチャンピオンになれて嬉しい。しかも決勝はチームメイトで非常にいい選手であるヘンリーと戦えた。それが日本で実現したことが嬉しい。非現実的な感じがするよ。シュートボクシングで戦えたことが本当に幸せだった。今度はK-1MAXでリスティと戦うことになっているのでそこに集中したい。厳しい戦いになるだろう。

 私は30歳だが、まだまだ年齢は気にせずに戦っていけると思った。日本で戦い始めて10年が経った。この10年で大きなことを達成したと思う。今後も頑張っていきたいと思う」とマイクで語った。


 

 

▼セミファイナル(第13試合) 70.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
○トビー・イマダ(アメリカ/Victory MMA/S-cup2010準優勝/Bellatorシーズン1・2準優勝)
判定2-0 ※27-27、29-27、29-27
●アブドラヒ・モスィ(イラン/EPIC Fight Team/IMFA世界ムエタイスーパーウェルター級王者)  

 1R、序盤は静かな展開。両者パンチを時折放つ。組み付いたトビーにモスィはヒザ蹴り、そのまま両者もつれ合うがブレイクに。トビーが右フックをヒットさせれば、モスィもすぐに左フックをヒットさせる。その直後、トビーが首投げでシュートポイントを獲得! モスィはここから首相撲でのヒザ蹴りを多用する。パンチで襲い掛かるとトビーが防戦一方に。

 2R、モスィが左右フックの連打。バックブローを見せてトビーがかがんでよけようとしたところを蹴り上げる。トビーは左右フックから組み付いて投げを狙うが失敗。
 モスィは組むとヒザ蹴りだ。トビーは接近してフックからアッパー、モスィはトビーをコーナーへ詰めてパンチを連打する。

 3R、胴タックルで組み付いたトビーにモスィも投げをディフェンス。ブレイクがかかると、トビーがレフェリーの合図を待たずに攻撃してしまい、注意が与えられる。トビーは一本背負いで2度目のシュートポイントを奪うと、モスィをコーナーに詰めて右フックを連打。モスィはヒザ蹴り。トビーが首投げにいくと、モスィはロープをつかんでディフェンスしたため、レッドカードが提示される。2度のシュートポイントを奪ったトビーが、判定勝ちを収めた。


 

 

▼第12試合 63.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
○才賀紀左衛門(フリー/K-1MAX63㎏日本トーナメント第3位)
判定3-0 ※29-28、29-28、29-27
●MASAYA(シーザージム/SB日本スーパーライト級1位)

 1R、ジャブからレバーブローを狙う才賀に鈴木は左右のロー。レバーブローを何度も決め、左右のストレートを突き刺す才賀。前蹴り、後ろ蹴りでMASAYAを近付けさせない。

 MASAYAもローからレバーブロー、終盤には左右フックをヒットさせるが、才賀はレバーブローを打ち続ける。ラウンド終了間際、才賀が右フックからの左ストレートでダウンを奪う!

 2R、パンチで前に出るMASAYAだが、才賀はレバーブローを突き刺してワンツーを的確にヒットさせる。MASAYAの右ストレートも才賀の顔面を捉えるが、才賀は前蹴り、ハイキック、そしてレバーブロー。MASAYAの空振りを誘って右ストレートを入れ、顔面へ前蹴りを放つ才賀。MASAYAもレバーブローを打ち返すが、才賀は何度もレバーブローを突き刺す。しかし終盤は前に出るMASAYAの右ストレートが当たり始める。

 3R、MASAYAの左ハイキックを才賀が受け止めて投げ倒す。MASAYAが左右のフックから今度は右ハイ。左右のミドルは才賀がキャッチしてコカしにいく。MASAYAは左右のロー、バックブロー、右ハイキック。MASAYAはさらに組んでのヒザ蹴り。MASAYAの右ストレート、右ハイキック、左ミドルからのバックブロー。MASAYAが多彩な技で攻勢に立つが、ダウンを奪うには至らない。才賀は前蹴りを多用してMASAYAを突き放し、ダウンのポイントを守ってMASAYAの連勝記録を「8」でストップした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧