TOP > 試合結果 一覧

【アウトサイダー】無敗のソルジャーボーイが王座を奪還!

2013/04/21(日)UP

【動画】黒石高大の真夜中のストリート・トレーニング
横浜ギャング連合の初代総長・黒石が24人の仲間を引き連れて横浜駅前で気合の入ったストリート・トレーニングを公開!

リングス
「THE OUTSIDER 第25戦」
2013年4月21日 (日)東京・ディファ有明

▼メインイベント(第25試合) 70-75kg級王者決定トーナメント決勝戦 体重Limit70-75kg
“神速”
○ソルジャーボーイ一樹
判定3-0
“a.k.a 福岡製闘牛”
●ランボルギーニ・ヨシノリ
※一樹が第3代王座に就く。

 70-75kg級第3代王座決定トーナメントの決勝戦は、前王者ソルジャーボーイ一樹とランボルギーニ・ヨシノリによって争われる。王座を剥奪された一樹がベルトを取り戻すのか、それともヨシノリが新王者となるのか。

 1R、両者は左右フックを繰り出し、一樹が右フックをヒットさせる場面が目立つ。前に出た一樹の右ストレートがクリーンヒットし、ヨシノリは組み付く。

 ブレイク後も一樹がパンチでプレッシャーをかけていき、組んできたヨシノリにヒザ蹴りから左右フック。

 2R、両者が打ち合いに出るが、やはり一樹が右フックをヒットさせる。ヨシノリが組んできてもテイクダウンを許さず、右ストレート、右フック。しかし、残り時間1分でヨシノリがようやくテイクダウンを奪い、バックからボディへパンチ。一樹はすぐに立ち上がる。

 残り時間30秒で打ち合いを挑むヨシノリ。左右のパンチで前へ出て、一樹もヒザ蹴りと右フックで迎え撃つ。判定で一樹が勝利し、チャンピオンベルトを取り戻した。これで一樹はアウトサイダーで8戦全勝。

 一樹はベルトに「お帰りなさい」と語りかけ、「ベルトがただいま、と言っています」と一人芝居。

「マンガの『はじめの一歩』を読んでスマッシュ(アッパーとフックの中間軌道で打つパンチ)をやろうとしたんですが難しかったです。『はじめの一歩』を第一巻から読み直して次はKO出来るように頑張ります」と語った。


▼セミファイナル(第24試合) 海外対抗戦セレクションマッチ 体重Limit74kg
○匿名A
一本 1R2分38秒 ※三角絞め
“焼津の暴力マリア”
●宮永一輝

 6月9日開催の『THE OUTSIDER 第25戦』(横浜文化体育館)で行われる、イギリス・中国チームとの海外対抗戦に出場する選手選考試合として、「海外対抗戦セレクションマッチ」が行われた。

 1R、組んでくる宮永に匿名Aはパンチ。宮永は首相撲で匿名Aを倒し、上からパンチを落とす。

 匿名Aは上下を入れ替えて上になり、パンチのお返し。立ち上がった宮永は匿名Aの足を払って再び上になる。しかし、匿名Aは下からの三角絞め! 匿名Aが一本勝ちを飾った。

匿名Aのコメント
「ありがとうございました。またよろしくお願いします」



▼第23試合 海外対抗戦セレクションマッチ 体重Limit70kg
“NOスタンド NO試合”
○高橋“ルガー”大毅
KO 1R1分10秒 ※右フック
“天下一武闘会 逆襲の特攻隊長”
●浦野貴之

 1R、両者とも強気の打ち合いを展開する。前に出るのは高橋で、右フックを当てていく。さらに前に出る高橋の右フックが炸裂! 浦野は崩れ落ち、レフェリーはカウントを途中で止め、高橋の鮮やかなKO勝ちとなった。

高橋のコメント
「(ノーコメント)」



▼第22試合 海外対抗戦セレクションマッチ 体重Limit65kg
“破壊の戦神 竜虎”
○ま~さ
一本 1R2分8秒 ※チョークスリーパー
“Uのアイアンマン”
●小林拓伍

 小林は契約体重を1kgオーバーしたが、ま~さが試合を了承したため行われることになった。小林にイエローカード1枚が出された状態からの試合開始となる。
 
 1R、ま~さが右ハイキックを繰り出すが、小林は受け止めて寝技に持ち込む。しかし、ま~さが下からの三角絞め! 小林は前に体重をかけてこれを防いだが、ま~さはすぐにバックを奪ってスリーパーの体勢に入る。

 これもしのいだ小林だったが、ま~さはバックから体勢を再度整えると再びスリーパー。今度は極まり、ま~さが一本勝ちを収めた。

ま~さのコメント
「今まで2試合は打撃でやっていて、寝技はやらなかったんですけれど自分は両方出来ます。海外との対抗戦では一番強いヤツを当ててください」



▼第21試合 海外対抗戦セレクションマッチ 体重Limit65kg
“愛知格闘技集団チーム南攻坊「紫電」”
○古田博之
KO 2R1分34秒 ※右ボディブロー
“元・No.1ホスト横浜のゴリさん”
●ドンキーコングNOBU

 1R、古田は右ローを狙い撃ちにする。ヒザ蹴りからNOBUを倒し、上になってパンチを落とす。

 2R、右のパンチを出しながら前進し、組むとヒザ蹴りを見舞う古田。プレッシャーをかけながら、下がるNOBUに右ボディブロー! この一発でNOBUはダウン、立ち上がれる様子はなく、古田がKO勝ちを飾った。

古田のコメント
「この後はソルジャーボーイがチャンピオンになってくれると思うので、応援お願いします」


 


▼第20試合 海外対抗戦セレクションマッチ 体重Limit70kg
“エンセン大和魂継承”
○YOSHIKI
一本 1R2分11秒 ※チョークスリーパー
“長野格闘技チーム・Fearless代表”
●大島渓太郎

 1R、大島が胴タックルでテイクダウンし、マウントを奪ってパンチを連打。そこから腕十字を狙ったが失敗し、YOSHIKIが上になる。今度はYOSHIKIが上からのパンチ。

 ブレイク後、大島が左ミドルからの左ストレートを決める。YOSHIKIは寝技に持ち込み、スリーパーの体勢に。これが極まってYOSHIKIの一本勝ちとなった。

YOSHIKIのコメント
「相手が強かったです。前の試合で膝のじん帯を伸ばしていて試合が出来るかどうか分からなかったので、勝ててよかったです」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧