TOP > 試合結果

【レベルス】初の地方大会で健太が凱旋勝利、加藤竜二は1RKO

2013/06/09(日)UP

▲試合終了後、リングに上がり四方八方縦横無尽にマッスルパフォーマンスを展開した、“褐色ナルシスターズ”トリオの(左から)中澤純、健太、加藤竜二


REBELSプロモーション/ワイルドシーサー/造家建設

「TNK1 feat.REBELS(テンカイチ・フィーチャリング・レベルス)」
2013年6月9日(日)群馬・ニューサンピア高崎 
観衆=1,300人(超満員) 
情報提供:レベルス 


▼ダブルメインイベント第2試合(第11試合) 67kg契約 REBELSルール 3分3R
○健太(E.S.G./NJKFスーパーウェルター級王者)
判定3-0 ※29-28、29-28、30-29
●UMA(=ユーマ/K&K BOXING CLUB/J-NETWORKウェルター級2010年新人王)

 高崎市で生まれ育った健太がREBELS初参戦。一方、UMAは今大会のセミファイナルに登場した中澤純からKO勝利の金星を上げている新鋭

 1R、健太が堅いガードと迅速なフットワークを駆使してプレッシャーを強める中、バックスピンキックや飛びヒザ蹴りなどの大技を駆使するUMAがトリッキーに隙を狙う。健太が時折放つカウンターブローが強烈だが、UMAは動じない。

 2R、長距離で放たれるUMAの三日月蹴り的なつま先の尖った強烈な前蹴りとヒザ蹴りの追い打ちが、健太のボディに直撃し表情が曇る。

 3R、意を決したかのように攻撃的になった健太と、2Rの猛攻でスタミナをロスしたのか手数が減退したUMAがそれでも踏ん張って激しい打ち合い。健太の炸裂音が響く右ボディブローで観客から唸り声が上がる。中盤過ぎからUMAが衰え出したところで、健太がギアをマックスに上げてパンチ連打の猛攻。

 立っているのがやっとの状態まで追い詰められたUMAは倒れないが、ラストラウンドの最後に明らかな攻勢を印象付けた健太が、途中苦戦しながらも判定3-0で勝利した。

 健太が勝利マイクパフォーマンスで歓声に応える中、突然、「ということでDJ、いつものお願いします!」と言うと、入場曲のトランスミュージックが流れ、スポットライトと場内照明がフル稼働。ド派手な演出の中、トランクスを脱いだ健太がマッスルポージングショーを開始。観客が呆気にとられる中、ビキニパンツをはいた加藤竜二、中澤純が乱入。いきなり結成された“褐色ナルシスターズ”トリオが四方八方縦横無尽にパフォーマンスを展開。数百名の観客がリングサイドに殺到し、携帯写真を撮りまくる大盛り上がりのエンディングとなった。


 


▼ダブルメインイベント第1試合(第10試合) フライ級 特別ルール 3分3R
○加藤竜二(橋本道場/WBCムエタイ日本フライ級王者、JKIフライ級王者)
KO 1R1分15秒
●小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/REBELS-MUAYTHAIフライ級王者)

“チャラツヨ”のキャラクターで人気の四冠王者・加藤と、
9戦全勝でREBELS-MUAYTHAIフライ級王者となった17歳の小笠原、勝敗予想が難しい互角と思われた一戦。

 開始早々、積極果敢な両者。加藤が獰猛にKO狙いの右パンチ強打や強烈なローキックを打ち込む中、小笠原はジャブや前蹴り、ミドルキックのスピードで加藤を上回る。

 緊張感のある目まぐるしい攻防中、コーナーを背にした小笠原に加藤の高速飛び左上段後ろ回し蹴りの大技が炸裂。

 小笠原は、コーナーマットを枕に身体を硬直させ失神。レフェリーはカウントを取らずに即試合終了とし、場内は爆発的興奮で大歓声が沸き起こる。リングアナが「10年に1度のKO劇」と形容した戦慄の結果となった。


 


▼セミファイナル(第9試合) REBELS-MUAYTHAIウェルター級 WPMF日本ルール 3分3R
○中澤 純(ワイルドシーサー群馬/Japan Kick Boxing Innovation/イノベーションウェルター級王者)
TKO 2R1分10秒 ※レフェリーストップ
●竹本雄一(小鉄組)

 ベテランの竹本が積極的に前に出るも、中澤もそれ以上のアグレッシブさで迎え撃ち、激しいパンチとヒジ打ちの乱打戦を展開。

 1R、中澤がヒジで竹本を斬り裂き、さらにパンチ連打でダウンを奪取。2R、竹本が特攻を思わせる果敢なアタックを仕掛ける中、中澤がそれを倍返しで圧倒し、ヒジ打ちでダウンを奪うとレフェリーストップ。前戦(今年4月14日)、UMAに喫した痛恨のKO負けからの復活となった。


 

▼第8試合 REBELS-MUAYTHAI ライト級 3分3R WPMF日本ルール
○横田 健(習志野ジム/Japan Kickboxing Innovation/JKIライト級10位)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●バッドボーイHATA(ワイルドシーサー群馬/Japan Kickboxing Innovation)

▼第7試合 REBELS-MUAYTHAI バンタム級 3分3R WPMF日本ルール
○竹内将生(エイワスポーツジム/WPMF日本バンタム級4位)
判定3-0 ※三者とも30-29
●知花デビット(ワイルドシーサー群馬/Japan Kickboxing Innovation/JKIバンタム級10位)

▼第6試合 REBELS-MUAYTHAI フライ級 3分3R WPMF日本ルール
△ローズ達也(ワイルドシーサー沖縄/Japan Kickboxing Innovation/JKIフライ級2位)
ドロー 判定1-1 ※28-29、30-29、29-29
△小暮一輝(libre roi/50.15kg)

▼第5試合 REBELS-MUAYTHAI ライト級 3分3R WPMF日本ルール
○雷電HIROAKI(スクランブル渋谷/J-NETWORKライト級10位)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●ツヨシ・M16ムエタイスタイル(M16ムエタイスタイル/WPMF日本ライト級4位)

▼第4試合 REBELS 61kg契約 3分3R REBELSルール
○佐藤 琉(エイワスポーツジム)
判定3-0 ※30-27、30-26、30-26
●戸塚悠人(ワイルドシーサー群馬/Japan Kickboxing Innovation)

▼第3試合 REBELS-MUAYTHAI フェザー級 3分3R WPMF日本ルール
○田中将士(上州松井ジム/TRIBELATEフェザー級王者)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-28
●大凛ZLS(だいりん・ぜろす/チームゼロス)

▼第2試合 REBELS ヘビー級 3分3R REBELSルール
○大治ZLS(だいち・ぜろす/チームゼロス)
KO 1R2分2秒
●吉沢 大(KINGBEE)

▼第1試合 REBELS 57kg契約 3分3R REBELSルール
○工藤政英(新宿レフティージム)
判定3-0 ※30-27、30-28、30-28
●小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺)

▼REBELSセミプロマッチ第4試合 51kg契約 2分3R REBELSルール
○良星(平井ジム)
判定2-0 ※29-29、30-29、30-29
●高坂侑弥(ワイルドシーサー群馬/Japan Kickboxing Innovation)

▼REBELSセミプロマッチ第3試合 69kg契約 3分3R REBELSルール
△川島史也(バトルネーション)
ドロー 判定1-1 ※29-28、29-30、29-29
△ソウマダイスケ(拳心会)

▼REBELSセミプロマッチ第2試合 64kg契約 3分3R REBELSルール
○須川伸一(中野塾)
KO 1R1分43秒
●宮前達也(スタージム)

▼REBELSセミプロマッチ第1試合 64kg契約 3分2R REBELSルール
○五十部悠矢(libre roi)
判定3-0 ※20-18、20-18、20-19
●杉原新也(ワイルドシーサー群馬/Japan Kickboxing Innovation)

▼REBELS-MMA第2試合 69kg契約 5分1R REBELS-MMA特別ルール
○茂木浩明(SPEED)
一本 1分22秒 ※肩固め
●伊丹明男(和術慧舟會RJW G2)

▼REBELS-MMA第1試合 65kg契約 5分1R REBELS-MMA特別ルール
○原田隆弘(和術慧舟會群馬支部)
一本 1分39秒 ※アンクルホールド
●K.S spirits(SPEED)

▼BLOW-CUP第7試合 バンタム級 2分2R アマチュアREBELSルール
○千吉良鮎季(インフィニティー)
判定3-0
●シャアさん(ワイルドシーサー群馬/Japan Kickboxing Innovation)

▼BLOW-CUP第6試合 70kg契約 2分2R アマチュアREBELSルール
○下村直次郎(Wolf Kickboxing Gym)
KO 1R1分3秒
●原嶋峻吾(ワイルドシーサー群馬/Japan Kickboxing Innovation)

▼BLOW-CUP第5試合 65kg契約 2分2R アマチュアREBELSルール
○荻原良太(梅澤道場)
KO 2R50秒
●中込範行(ワイルドシーサー群馬/Japan Kickboxing Innovation)

▼BLOW-CUP第4試合 60~62kg契約 2分2R アマチュアREBELSルール
○斎藤晃樹(クロスポイント吉祥寺)
KO 1R1分3秒
●星野嘉一(ワイルドシーサー群馬/Japan Kickboxing Innovation)

▼BLOW-CUP第3試合 62kg契約 2分2R アマチュアREBELSルール
△久道 賢(エイワスポーツジム)
ドロー 判定1-0
△国松太郎(ワイルドシーサー群馬/Japan Kickboxing Innovation)

▼BLOW-CUP第2試合 58kg契約 2分2R アマチュアREBELSルール
○白岡伸仁(平井ジム)
判定2-0
●山端啓介(MAG/Japan Kickboxing Innovation)

▼BLOW-CUP第1試合 42~43kg契約 2分2R アマチュアREBELSルール
○藤河 改(クロスポイント吉祥寺)
判定3-0
●関口霧斗(Wolf Kickboxing Gym)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果