TOP > 試合結果 一覧

【タイタンファイト】カンボジアでハチマキがドロー、小笠原KO負け

2013/12/20(金)UP

 12月20日(金・現地時間)カンボジアのバベットにあるタイタンキングカジノホテルにてムエタイイベント『Titan Fight, Samurai vs Khmer(タイタン・ファイト サムライ vs クメール)』が開催され、REBELS-MUAYTHAIフライ級王者・小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)とREBELS-MUAYTHAIライト級王者ハチマキ(PHOENIX)、吉田実代(池袋BLUE DOG GYM)が参戦した。

 この興行はカンボジアが国を上げて力を入れるビッグイベントで、ホテルの外で1万人以上の観客を集め、来賓には将軍や政府の要人が揃い、国営放送で生中継され、試合はカジノで合法的に賭けの対象となる大変な規模のものとなった。

 先陣を切った吉田実代は、現地選手のソイ・ソーサーに判定で快勝。続いて、小笠原は、1R、ローキックを中心としたコンビネーションで優位に立ち攻勢を取るも、2R、ホン・チュンヘンがボディーへのヒザ蹴りや右ボディーストレートで猛反撃を開始。右ボディーフックが後から効いた形で首相撲で投げられ小笠原がダウンを宣告され、開始してすぐに右ボディーストレートでダウン、逆転のバクハンドブローを空振ったところに右ストレートを顔面に喰らいスリーノックダウンでKO負けとなった。これで小笠原は、今年6月9日の加藤竜二戦の1RKO負けの初敗北に続いて連敗。

 最後にハチマキがカンボジアの英雄的な人気選手、ロン・ソフィーと対戦。一進一退の攻防を繰り広げ、熱戦の末、フルラウンド戦ってのドローに。

 日本選手の3戦1勝1敗1部となった今回の遠征は、ここ最近で急速にレベルを上げているカンボジアのハイレベルなムエタイの実力を浮き彫りにする結果となった。

「Titan Fight, Samurai vs Khmer(タイタン・ファイト サムライ vs クメール)」
2013年12月20日(金・現地時間)タイタンキングカジノホテル

<主な試合結果>

▼ムエタイルール 2分5R ※ヒジなし
○吉田実代(池袋BLUE DOG GYM/GRADIATOR初代バンダム級王者、SB日本バンダム級4位)
判定
●ソイ・ソーサー(カンボジア)

▼ムエタイルール 3分5R
○ホン・チュンヘン(カンボジア)
KO 2R ※スリーノックダウン
●小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/REBELS-MUAYTHAIフライ級王者)

▼ムエタイルール 3分5R
△ロン・ソフィー(カンボジア)
判定ドロー
△ハチマキ(PHOENIX/REBELS-MUAYTHAIライト級王者)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧