TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】江幡が逆転TKOで王座防衛

2015/04/19(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲江幡(右)は奥足へのローを効果的に決めて逆転TKO勝ち

新日本キックボクシング協会
「TITANS NEOS 17」
2015年4月19日(日)東京・後楽園ホール

▼第15試合 メインイベント WKBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 日タイ国際戦 3分5R
○江幡 塁(伊原道場本部/王者)
TKO 4R 2分23秒
●ペッナムヌン・ソー.パンヨーキット(タイ/元タイ北部ミニマム級、ライトフライ級、スーパーフライ級王者/挑戦者)
※江幡が初防衛に成功。

 双子の兄・睦が3月大会でWKBA世界王座から陥落してしまったため、弟の塁は何としても王座を防衛したいところ。挑戦者ペッナムヌンは元タイ北部3階級制覇王者で157戦118勝(20KO)35敗4分の戦績を誇る。

 1R、ペッナムヌンの左ハイキックが飛ぶ。塁は辛うじてディフェンスするが会場がどよめく。

 慎重にローキックを返す塁。得意のボディブローで攻撃するが、腕でブロックされて蹴りを返される。右フックで攻めてもかわされてしまい、塁の研究をしているような動きを見せた。

 2R、1Rよりも一歩踏み込んでローを狙う塁。さらに左右のフックでペッナムヌンに襲いかかる。

 これでリズムをつかんだのか、奥足へのローをヒット。「効いた!」とセコンドの睦が叫び、右フックも浅くヒットさせて互角に持ち込んだ。

 3R、今度はペッナムヌンが逆襲に転じる。ミドルを何度も塁に決めて、ハイでKOを狙う。さらに鋭いワンツーが塁に襲いかかり、ペッナムヌンがペースを取り返した。

 4R、再び劣勢に立たされた塁は、前蹴りを決めてペッナムヌンを転倒させる。奥足へのローも効果的に決めて、反撃開始。ペッナムヌンも下がらずに蹴り合い、打ち合いに応じる。打ち合いになった時に、塁の右アッパーがまともにアゴへ入る。前のめりに倒れるペッナムヌン。すぐにレフェリーが試合をストップ。窮地に立たされた王者が、王座を防衛した。

 マイクを握った塁は、「兄がベルトを失って寂しい思いをしましたが、僕がベルトを防衛して新日本キック、キック界の救世主になります」と力強く宣言した。


 

▲最後まで打ち合った両者。渡辺(左)が判定勝ちした

▼第14試合 セミファイナル 日韓国際戦 68kg契約 3分3R
○渡辺健司(伊原道場稲城支部/日本ウェルター級王者)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-28
●キム・ドンス(韓国)

 1R、ミドルキックの蹴り合い。互いにスタイルが似ているのか、同じ距離で蹴り合う。右フックを繰り出すキム。渡辺もフックを返した。ほとんど差がない。

 2R、渡辺がミドル。キムもミドル。ローも蹴り合う。キムの右フックが入るが、渡辺はヒジ打ちを返す。首相撲の攻防が目立つが、離れると互いに打ち合った。

 3R、キムは前へ出て右ストレート。渡辺は左フックを返す。互いにタフなのか打たれても下がらない。

 渡辺の縦ヒジが入り、キムが出血。これで止まるかと思われたが、試合続行。最後まで両者は打ち合い、会場を盛り上げる。判定は3-0で渡辺が勝利を収めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧