TOP > 試合結果 一覧

【IGF】20歳の新鋭ホドリゴがイラン空手家に一本勝ち

2016/02/26(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

うつ伏せになって腕十字を極めたホドリゴが一本勝ち

イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)
「GENOME 35」
2016年2月26日(金)東京・TDCホール

▼IGF異種格闘技戦 5分2R IGFルール
○ホドリゴ(ブラジル/グレイシーバッハ姫路)
一本 1R 3分42秒 ※腕ひしぎ十字固め
●モハメッド・バハラミ(イラン/SHINWA MMA ACADEMY)

 柔術vs空手の異種格闘技戦として行われた一戦。ホドリゴはブラジリアン柔術の名門グレイシーバッハ所属で、柔術関西選手権青帯で優勝している20歳。バハラミは2003年イラン国際大会優勝のほか様々な大会で結果を残してきたという40歳。

 1R、ホドリゴは試合が始まるとすぐに突進して組み付き、投げでテイクダウンを奪う。腕十字を狙うがバハラミは蹴り飛ばして脱出。

 立ち上がるとホドリゴはバハラミのローにタックルを合わせてテイクダウンし、すぐにマウントを奪うと上からパンチとヒジ。残り時間30秒を過ぎると腕十字を仕掛け、今度はきっちりと腕を伸ばして一本勝ちした。

次ページは小川直也vs青木真也のプロレスマッチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧