TOP > 試合結果

【新日本キック】引退試合の蘇我英樹、大月晴明のヒジで散る

2016/04/10(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

新日本キックボクシング協会
「スーパーキック」
2016年4月10日(日)千葉・市原臨海体育館

東洋スーパーフェザー級王者・蘇我英樹

 WKBA世界スーパーフェザー級王者・蘇我英樹(市原)が引退、ラストマッチで大月晴明(キックスターズマスクマン)と対戦した。両者は昨年5月に対戦し、激しい打ち合いの末に大月が判定勝ちしている。

 リベンジを誓う蘇我だったが、3Rにダウン、そしてヒジによるカットでTKO負けを喫した。蘇我は自身のブログで「全ての力を出しきりTKO負けしました。本当にありがとうございます。60戦近く闘ってきて今までで最高の試合ができました」「最後の試合でも13針カットして右の鼓膜も破れましたが、最高の勲章として刻めて良かったです。本当に皆様今までありがとうございました」とコメントしている。

●編集部オススメ記事
・蘇我秀樹vs大月晴明、第一戦の激闘 

<全試合結果>

▼メインイベント 蘇我英樹引退試合 62kg契約 3分3R
○大月晴明(キックスターズマスクマン/元WPKC世界ムエタイライト級王者)
TKO 3R2分39秒
●蘇我英樹(市原/WKBA世界スーパーフェザー級王者)

▼セミファイナル 日本ミドル級 3分3R
○今野 明(市原ジム/日本ミドル級1位)
KO 2R2分53秒
●徳王(伊原道場本部)

▼日本バンタム級 3分3R
○阿部泰彦(JMNジム/日本バンタム級3位)
判定2-0 ※29-28、30-29、29-29
●田中亮平(市原ジム)

▼日韓国際戦 59kg契約 3分3R
○拳士浪(治政館ジム/日本フェザー級4位)
判定3-0 ※29-28、30-29、30-28
●チュ・キフン(韓国/釜山市原ジム)

▼エキシビションマッチ
-鈴木一成(市原ジム)
勝敗なし
-西島洋介山

▼エキシビションマッチ
-花澤良晃(市原ジム)
勝敗なし
-新井 隆(ビクトリージム)

▼エキシビションマッチ
-花澤一成(市原ジム)
勝敗なし
-蒲田拓真(治政館)

▼日韓国際戦 59kg契約 3分3R
○櫓木淳平(ビクトリージム/日本フェザー級5位)
判定2-0 ※29-29、30-29、30-29
●キム・ギョワン(韓国/釜山市原ジム)

▼日韓国際戦 51.50kg契約 3分3R
○幸太(ビクトリージム)
判定3-0 ※三者とも29-28
●チェ・ジェヨン(韓国/釜山市原ジム)

▼日本ライト級 3分3R
○大月慎也(治政館ジム)
TKO 3R37秒
●真鍋英治(市原ジム)

▼日韓国際戦 58.50kg契約 3分2R
○渡辺航己(JMNジム)
判定3-0 ※20-18、20-18、20-19
●オ・ティン(韓国/釜山市原ジム)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果