TOP > 試合結果

【UFC】契約争奪トーナメント、修斗王者・扇久保は決勝で敗退

2016/11/30(水)UP

UFC
『The Ultimate Fighter 24』(Episode No.12)
試合=2016年11月3日(土・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガス
放送=2016年11月30日(水・同)

▼TUF 24トーナメント 決勝 フライ級 5分3R
○ティム・エリオット
判定3−0 ※三者とも30−27
●扇久保博正(パラエストラ松戸/修斗世界バンタム級王者)

ここまで健闘が光った扇久保であったが、決勝で力尽きた

 UFCとの正式契約を目指す16人の選手たちが2チームに分かれて共同生活を送り、契約争奪トーナメントで優勝者が決まるまでを追う選手育成番組『ジ・アルティメット・ファイター』(通称TUF)。そのシーズン24でトーナメントを勝ち上がった修斗世界バンタム級王者・扇久保が決勝戦を迎えた。

 扇久保は修斗で環太平洋フェザー級王座、世界フェザー級王座、世界バンタム級王座、さらにVTJフライ級トーナメント優勝と、数々のタイトルを獲得した実績の持ち主。バックボーンは極真空手だが、寝技を得意としている。TUFトーナメントの参加者ランキングでは16人中5位。1回戦で12位カジムロ・ズル(南アフリカ)、2回戦では13位アダム・アントリン(アメリカ)、準決勝でアレッシャンドリ・パントージャ(ブラジル)を下して勝ち残った。

 決勝の相手はランキング3位のエリオット。2012年からUFCで6試合を戦うも、2勝4敗の戦績で昨年2月の試合を最後にリリース(契約解除)。しかし、直後に『Titan FC』でライト級王座を獲得し、今回のTUFへと辿り着いている。

扇久保は今年4月の修斗世界バンタム級タイトルマッチで圧勝し、TUFに乗り込んだ

 試合は1Rから白熱した打撃とテイクダウンの攻防に。扇久保はパンチから蹴りにつなげる攻めでエリオットを下がらせて、タックルからテイクダウンに成功。しかし、エリオットは固いディフェンスで、扇久保にコントロールを許さず立ち上がると、蹴り足キャッチやタックルから3度のテイクダウンを奪った。

 2Rも同様の展開が続くが、試合中盤にエリオットが扇久保をテイクダウンし、バックマウントからチョークへ。これを外した扇久保はすかさず体を捻ってエリオットに正対。エリオットをチョークで絞め上げながらマウントを奪取した。しかし、エリオットは下で動きながら扇久保の体勢を崩して脱出。扇久保は再びテイクダウンを許すと、パウンドを連続で被弾し、バックマウントを奪われてラウンド終了を迎える。

 3R、巻き返したい扇久保は蹴り足キャッチからテイクダウンを試みるが、エリオットはこれを凌ぐと立ったまま腕を捕らえてアームロック。扇久保はこれを抜いて下に潜り込み足を狙うが、上からパンチの連打を浴びてしまう。扇久保は逃げようとするが、エリオットは上からコントロールして鉄槌。扇久保が下を向いたところで再びバックマウントを奪うなど、エリオットが主導権を握り続けた。

 ジャッジ三者から支持を受けたエリオットが判定勝ち。UFCとの本契約とともに、UFCフライ級王者デメトリアス・ジョンソンへの挑戦権を手にした。一方、トーナメント決勝戦まで勝ち上がり、最後まで攻める姿勢を貫くも敗れた扇久保。試合後に「最後の試合は全然ダメですね。また切り替えてやっていきます」と先を見据えた。

●編集部おススメ記事
修斗王者・扇久保が決勝へ、本契約&王者挑戦権まであと1勝
扇久保博正が菅原を圧倒、修斗史上2人目の2階級制覇を達成 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果