TOP > 試合結果

【S-BATTLE】加藤久輝が初回KO勝ち、K-1へ弾みつける

2018/04/15(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

加藤は飛び上がってのスーパーマンパンチで豪快にダウンを奪った

S-BATTLE事務局
「S-BATTLE 2018 桜の陣」
2018年4月15日(日)愛知・岡崎市竜美丘会館

▼第6試合 KICKヘビー級(-90kg)スペシャルワンマッチ 3分3R延長1R
〇加藤久輝(ALIVE/元HEAT MMAミドル級王者)
KO 1R 2分44秒 ※3ノックダウン
●岡崎章太(DOT)

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

 加藤は大道塾・空道で2010~2014年全日本体力別重量級5連覇と2010・2012・2013全日本無差別優勝を達成し、現在はアメリカでUFCに次ぐ規模を誇るMMA(総合格闘技)プロモーション『ベラトール』で活躍。2016年4月には『RIZIN』に参戦して元DEEPウェルター級王者・ 悠太にパウンドでTKO勝ちしている。

 今回はキックボクシングルールでの試合となり、対戦相手は岡崎章太(DOT)。S-BATTLEのほかにもDEEP☆KICKに参戦しているヘビー級キックボクサーである。

 加藤は6月17日の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~』で、K-1 WORLD GP初代ヘビー級王座決定トーナメント・ベスト4の上原誠(33=士魂村上塾)との対戦も決まっており、この一戦が試金石ともなる。

 1R、前へ出てのパンチで攻めようとする相手に、加藤は前蹴り、強い左ミドルと左ローを蹴っていく。加藤は相手の蹴り足をキャッチすると、足をつかんだまま左ローを2発。さらに左ローを蹴ると相手は早くもダメージを感じさせる。

 加藤は蹴り下ろすような左ローでダウンを奪うと、2度目のダウンは宙に舞っての豪快なスーパーマンパンチで奪う。場内が大きく沸く中、最後は左右フックからの左ローでダウンさせ、加藤が圧倒のKO勝ちを収めた。

※この試合の動画(ノーカット)はこちら


ダウンの応酬、4Rにわたる打ち合いを制した大岩(左)が新王者に

▼第9試合 KICKライト級(-65kg)王座決定戦 3分3R延長1R
〇大岩優太(ブラジリアンタイ)
延長R 判定3-0 ※三者とも10-9
●敦YAMATO(大和ジム/DEEP☆KICK 63kg王者)
※大岩が王座に就く。本戦の判定は28-27(敦)、28-28、28-28

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

敦(左)が最初にスタンディングダウンを奪った

 敦は昨年12月、西岡蓮太とのDEEP☆KICK63kg級王者決定戦でパンチの乱打戦の末に、2度のダウンを奪って王座に就いたばかり。今回は二冠王を目指すことになった。対する大岩は元HEATキックルールミドル級&初代RISEウェルター級王者ダニロ・ザノリニの弟子の強打者。

 1R、左ミドルの蹴り合いからスタート。両者ともローから踏み込んでのパンチを繰り出す。敦の左ボディブローがヒットすると、両者は打ち合いを展開。大岩の右フックでグラつく敦だが、すぐに反撃していく。連打で攻める敦だが、ガードが甘く大岩の右フックを被弾。それでも前へ出て打ち合いを挑み、左ボディブローを効かせての連打でスタンディングダウンを奪った。その後も両者激しい打ち合いをして場内が大いに盛り上がる。

大岩がスリップ気味のダウンを奪い返す

 2Rが始まってすぐ、両者いきなり足を止めてのフックの打ち合いを始める。その中で大岩の左フックが引っかかるように当たり、バランスを崩した敦は転倒。ここでダウンを宣告される。再開後はローを蹴る敦に大岩が飛び込んでの右ストレートをヒットさせた。

 3R、敦が強烈な右ローを決めるとまたしても両者打ち合いに行く。敦が打ち合いに行くと大岩が右フックをヒットさせ、それでも敦が前へ出てパンチを繰り出す。最後まで打ち合いは続き、判定はドロー。延長戦へ突入する。

延長戦で大岩がダウンを奪い、接戦を制した

 左右フックを繰り出して前へ出る敦だが、大岩の右フックをもらってダウン。足を止めての打ち合いでも大岩が右ストレート、右フックをヒットさせる。逆転を狙って打ち合いに行く敦に大岩の右が正確にヒットする。さらに軽快なフットワークで敦の攻撃をかわす大岩。判定3-0で大岩がタイトルを獲得した。

※この試合の動画(ノーカット)はこちら

次ページ:ウィサンレックvs戸塚昌司、トム・サントスvs小原俊之

●編集部オススメ

・加藤久輝、ウィサンレック、トム・サントスら参戦

・【K-1】加藤久輝が電撃参戦、上原誠と激突

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果