TOP > 試合結果

【ボクシング】八重樫東、棒立ちになるピンチから逆転のTKO勝ち

2018/08/17(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

お互いに顔を腫らしての打ち合いとなり、場内が大いに盛り上がる中、八重樫(右)が逆転のTKO勝ち

大橋ジム
「第64回Phoenix Battle」
2018年8月17日(金)東京・後楽園ホール

▼スーパーフライ級 3分10R
〇八重樫東(35=大橋ジム/世界3階級王者)
TKO 7R 2分55秒 ※レフェリーストップ
●向井寛史(32=六島ジム/前WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王者、WBO世界同級14位)

 八重樫はミニマム、ライトフライ、フライ級の世界3階級を制覇。2017年5月にIBF世界ライトフライ級王座を失ったが、日本人初の4階級制覇を目指して今年3月にスーパーフライ級で再起戦を行ってTKO勝ち。今回が2戦目となる。日本人選手と対戦するのは約5年ぶり。

 対する向井はこれまで2度の世界タイトル挑戦経験を持ち、WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王座を2度獲得。現在はWBO世界14位にランクインしている。

向井の連打に棒立ちとなった八重樫

 1R、サウスポーの向井はジャブを多用。八重樫は体勢を低く潜り込むようにして、飛び込んでの左右ボディブローを放つ。

 2Rもどんどん前へ出る八重樫は右ストレートを出しながら飛び込む。相手の右フックもらう場面もあったが前進を止めず左フックを当て返す。
 
 3R、頭を低く下げて入り込んで左右ボディを放つ八重樫。クリンチが多くなるが、離れ際にパンチを当てるのが上手い。向井はワンツーで応戦するが、八重樫の圧力に疲れも見える。

この右ショートで八重樫が逆転

 4R、執拗にボディを攻める八重樫が左右フックもヒットさせての攻勢。5Rも前へ出てボディを攻め続ける八重樫。しかし6R、向井の左ストレート、右フックをもらって一気にペースダウン。連打を浴びて棒立ちになる場面も。さらに連打をもらって後退した八重樫だったが、右のショートの強打をヒットさせて形勢は一気に逆転。今度は八重樫がラッシュをかけた。

八重樫の連打で、向井がロープにもたれかかったところでレフェリーがストップ

 7Rが始まると同時に八重樫が仕掛ける。右の強打で向井を吹っ飛ばす。打ち合いになるが八重樫が向井のパンチをもらっても前へ出続ける。最後は八重樫の連打で向井がロープにもたれかかったところで、レフェリーが間に入ってストップとなった。

 打ち合いと逆転TKOで大いに盛り上がった場内。八重樫は「疲れましたね」と言って観客を笑わせて「最高ですね。ボクシングが出来る喜びを噛みしめながらリングに立たせてもらいました。やっぱりボクシングは最高ですね。お互いに年齢も年齢で、退けない勝負でしたが、自分の持ち味がそこで生きると思っていたのが結果につながりました。僕は僕なりのボクシングがあるのでそれをさせてもらいました」と語った。

 この試合を世界前哨戦と見る向きも多かったが、八重樫は「(4階級制覇)したいけれどなかなかハードルは高いと思っているので、今日のような内容だとまだもうひとつ足りないと思います。みんな強いので。でも、いいタイミングでやれたらいいなと思います。もう少しだけボクシングしたいので、これからも応援よろしくお願いします」と、慎重なコメントを残した。

●編集部オススメ

・八重樫東が2回TKO勝ちで再起飾る

・八重樫が現役続行を決意、四階級制覇を目指す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果