TOP > 試合結果

【クインテット】ユライア・フェイバー率いるアルファメールが優勝、石井慧はフランク・ミアに勝つ

2018/10/06(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ラバーランド
「QUINTET.3」
2018年10月5日(金・現地時間)アメリカ・ラスベガス

ラスベガスで初開催された桜庭プロデュースのクインテット

 10月5日(金・現地時間)アメリカ・ラスベガスで開催された桜庭和志(48=フリー)プロデュースのグラップリング(組み技)イベント『QUINTET 3』。

 初のラスベガス大会には初代優勝チームのTeam Polaris、前回優勝のTeam 10th Planet、桜庭率いるTeam SAKURABA、そしてUFCで活躍し殿堂入りも果たしたユライア・フェイバー(39=アメリカ)率いるTeam Alpha Maleがトーナメントに出場した。

 1回戦でTeam SAKURABAを破ったTeam Alpha Maleと、Team 10th Planetとの王者対決を制したTeam Polarisが決勝戦へ進出。決勝ではTeam Alpha Maleの副将ゴードン・ライアン(23=アメリカ)が2人抜きを達成し、Team Polarisの大将グレゴー・グレイシー(31=ブラジル)と時間切れで引き分けたため、大将のフェイバーを残して勝利。Team Alpha Maleが第3回大会優勝チームとなった。

石井(右)はフランク・ミアを相手に有利なポジションを取り続け、相手の消極的姿勢を誘って勝利

 スペシャルシングルマッチでは石井慧(31=ブラック・ハウス/レインMMA)が元UFCヘビー級王者フランク・ミア(39=アメリカ)と対戦した。ミアは2011年12月、それまで一度も一本負けのなかった元PRIDEヘビー級王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラからアームロックで一本勝ちを奪ったほか、関節技で3人を骨折に追い込んだ。18勝のうち半分の9勝が関節・絞め技による一本勝ちという寝技の名手である。

 タックルに来たミアのバックを奪う石井。立ち上がろうとしたミアを足払いで転倒させるが、すぐにミアは立つ。石井がテイクダウンを奪って上になり、サイドポジションで抑え込む。残り2分を切ったところでブレイクとなり、石井が大外刈りでテイクダウン。再びサイドポジションで抑え込む。石井がノースサウスチョークを狙ったところで1Rが終了。

 サドンデスに突入し、石井がノースサウスチョークを狙って攻める。ミアは防戦一方となったため、3度目の指導(失格)が入って石井の勝利となった。

 また、同じくシングルマッチで14歳年下のニッキー・ライアン(17=アメリカ)と対戦した所英男(41=リバーサルジム武蔵小杉所プラス)は、スライディングから足関節技を狙ったが、ライアンは足を抜いて脱出。上になると一瞬にしてバックを奪い、すかさずチョークスリーパー。所から1分14秒での圧勝劇を収めた。

 大会を終えた桜庭は「何気に面白いでしょう? またアメリカで試合をしたいと思います。またクインテットよろしくお願いします」と再上陸を誓った。

●編集部オススメ

・第1回:POLARISが桜庭率いるHALEOを決勝で破り優勝

・第2回:桜庭チーム好勝負も、柔術黒帯のTEAM 10th Planetが優勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果