TOP > 試合結果

【UFC】マクレガーがヌルマゴメドフに一本負け、試合後は前代未聞の大乱闘に

2018/10/07(日)UP

今年最大の一戦と言われた対決は、ヌルマゴメドフがマクレガーをリアネイキドチョーク(チョークスリーパー)で仕留めて一本勝ち

Ultimate Fighting Championship
『UFC 229』
2018年10月6日(土・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガス T-モバイル・アリーナ

▼メインイベント UFC世界ライト級タイトルマッチ 5分5R
○ハビブ・ヌルマゴメドフ(30=ロシア/UFC世界ライト級王者)
一本 4R 3分03秒 ※リアネイキドチョーク
●コナー・マクレガー(30=アイルランド/元UFC世界フェザー級&ライト級王者、現UFC世界ライト級1位/挑戦者)
※ヌルマゴメドフが初防衛に成功。

 マクレガーは2016年11月のエディ・アルバレス戦でTKO勝ちを収め、UFC史上初となる同時2階級(フェザー級&ライト級)制覇を達成。翌年8月にはプロボクシング5階級制覇のフロイド・メイウェザー・ジュニアとボクシングルールで対戦し、世界中の注目を集めた。

 しかし、フェザー級のベルトは要請された防衛戦を拒否したため、ライト級のベルトは今年4月に選手バス襲撃事件(マクレガーが以前から敵対していたヌルマゴメドフ陣営の搭乗バスに台車を投げつけるなどの暴力行為を働く)を起こしたため、いずれも剥奪されることに。今回はアルバレス戦以来、MMA(総合格闘技)で約2年ぶりの試合となる。戦績は21勝3敗。

 迎え撃つ王者ヌルマゴメドフは26戦26勝の無敗記録を続け、今年4月にロシア人として初のUFC王座に就いた。今回は初防衛戦にして、因縁の初対決となる。

 1R、マクレガーが間合いを詰めて左ストレートと左ハイを放つとヌルマゴメドフはタックル。マクレガーはこれをがぶって潰しにいくが、ヌルマゴメドフはしぶとく足を捕らえて離さない。ケージを背にして座らされた状態が続くマクレガー。観客からブーイングが飛ぶ中、ヌルマゴメドフがマクレガーの背中を完全にマットに着かせた。

 2R、開始早々の打撃戦でマクレガーがヌルマゴメドフの右オーバーハンドを被弾してぐらついてしまう。マクレガーも踏ん張って飛びヒザ蹴りを返すも空振り。ヌルマゴメドフが再びタックルでテイクダウンを奪う。ヌルマゴメドフの強烈なパウンドでマクレガーは防戦一方に。マクレガーはヌルマゴメドフのアームロックを外してなんとか立ち上がった。

 3R、巻き返したいマクレガーは多彩なパンチのコンビネーションを振るい、左アッパーから右ストレート、右ジャブから左ボディストレートなどをヒットさせる。ヌルマゴメドフはワンツーを返して組みにいくが、マクレガーはテイクダウンを許さず、離れ際にはヒザ蹴りから右フックを打ち込んだ。

 ヌルマゴメドフは3R終了後のインターバル中、終始不満の表情で関係者たちに抗議を続ける。

 4Rに入ると、再びヌルマゴメドフがタックルでテイクダウンに成功し、マウントも奪取。マクレガーが立ち上がろうと体をよじったところでヌルマゴメドフのチョークに捕まり、ここで観念したかのようにタップした。

試合直後、ヌルマゴメドフはマクレガー陣営を指差して激昂。乱闘に発展した

 しかしこの直後、ヌルマゴメドフは観客席に飛び降りてマクレガーのチームメイトと乱闘に。ヌルマゴメドフのチームメイトもケージ内に乱入してをマクレガーとエキサイトする。両陣営が入り乱れる前代未聞の大乱闘に会場は騒然とした。

 UFC世界ヘビー級&ライトヘビー級王者ダニエル・コーミエやデイナ・ホワイトUFC代表ら多数の関係者が制止に入り、マクレガーとヌルマゴメドフは試合後のコールを聞くことなく退場。ヌルマゴメドフが会場を後にする際には、怒りの形相で詰め寄る観客の姿も。

 その後、リングアナウンサーのブルース・バッファー氏が選手のいないオクタゴンの中で勝敗の結果をコール。初防衛戦のヌルマゴメドフが一本勝ちとなったが、2018年最大の一戦は後味の悪い幕切れを迎えた。

▶︎次ページ:セミファイナルでは元ライト級王者たちが流血の大激闘

●編集部オススメ

・マクレガーがバスを襲撃し負傷選手も、警察に出頭

・マクレガーが圧巻のKO勝ち、史上初の二階級同時制覇

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果