TOP > 試合結果

【ボクシング】村田諒太がベガスで王座陥落、ブラントに判定負け

2018/10/21(日)UP

ブラントの連打がことごとく村田の顔面を襲った

 1020日(日本時間21日)、WBA世界ミドル級タイトルマッチが米ラスベガスで行われ、王者・村田諒太32=帝拳)が同級3位・ロブ・ブラント(28=米国)に、判定0-3で敗れロブ・ブラントが新王者に輝いた。

 村田の2度目の防衛戦は夢のラスベガスでメインに。全米に中継され試合の内容次第で、今後の評価が大きく変わる重要な試合であったが勝利することはできなかった。

 試合は1Rからブラントが積極的に左ジャブを出し始め、村田は余裕を誇示するように笑みを見せながら、ブロックを固めながら前進を試みる。ひとまず伸ばした村田のジャブも当たったが、ブラントがジャブに右のボディブローやアッパーを織り交ぜると村田はそれを防げない。

ブラントの右がクリーンヒットする

 2Rはブラントのジャブのみならず、コンビネーションが冴えるまでになる。村田は左目下が腫れ、鼻からも出血。

 3Rに入るとブラントのジャブが的中率を高める。村田はプレッシャーをかけたいが、ジャブで止められ続ける。この回の中盤に村田は左ボディブローを返した。

 4Rも同様に、村田が1発当てては2発、3発返される展開を脱却できなかった。しかし村田が後半にコンビネーションからの左ボディブローでブラントがやや失速の予兆を見せた。

 その直後、右ストレートを数発痛打させ、これまで順風満帆だったブラントのフットワークのリズムを崩した。なおもプレッシャーをかけ、村田が初めて山場をつくり、5Rには中盤、村田の右ストレートがクリーンヒット、これを機にパンチをまとめ倒しに行く村田だったが、ダウンは奪えず。

 6Rはブラントのパンチの威力がやや落ちるが放つたびにブラントが気合いの掛け声を入れてくる。 

村田の右がヒットしたがダウンは奪えず

 互いに消耗の見えた一進一退の7回、場内には村田コールがこだましたが、8RはUSAコール。比較的静かな中盤だったが、その中でも映えたのはブラントのコンビネーションか。

 9回には村田が疲れ、これまで効くほどの様子はなかったストレートで村田の顔が跳ねあがるようになった。村田も右を何度も打ち抜いた。

 10Rもほぼ同様の展開で、ブラントが攻め立てる中で終わった。

  11R、パンチを放てば連打を返される展開が続き、村田が己に一喝するように叫ぶ。

 最終12Rも両者は互いに守りに入ろうとせず、中間距離でパンチを交錯させ続ける。村田の右も多く入ったが、ブラントの左右ストレートが思わずたじろぐほど何度か深く入った。序盤から一変したこととして、村田のパンチをブラントがものともせず、村田はブラントのパンチにふらつく場面が増えてしまった。

 採点は1181101者、1191092者でブラントに。判定で大差がつき村田は王座から陥落した。
(Photo:Naoki Fukuda)

【DZIN】今回の村田諒太の試合の見逃し配信あり、1ヶ月無料トライアル中

●編集部オススメ

・【ボクシング】村田諒太が前日計量パス「絶対に倒します」=米・ラスベガス

・村田諒太「KOを目指し、村田の名をアメリカ全土に広めたい」=公開練習

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果