TOP > ニュース

【ボクシング】村田諒太「KOを目指し、村田の名をアメリカ全土に広めたい」=公開練習

2018/10/11(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

村田(右)のミットを受けた田中トレーナー(左)も「心身ともに充実している」と仕上がりに太鼓判

 10月20日(土・日本時間21日朝)に米国ネバダ州ラスベガス・パークシアターで同級2位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦に臨むWBA世界ミドル級王者・村田諒太(32=帝拳)が、11日(木)13時から東京・神楽坂にある帝拳ボクシングジムで公開練習に臨んだ。

 練習前の会見に、帝拳ボクシングジムの浜田剛史代表(元WBC世界スーパーライト級王者)や田中繊大トレーナーと姿を見せた村田は「新しいことを色々試したので、いい時期も悪い時期もあったが、頭の中もまとまっている」と好調を口にし、浜田代表も「疲れも抜けてきたので順調な仕上がりを見てほしい。“とにかく勝つ”を通り越して“ノックアウト”を目指し、村田の名をアメリカ全土に広めたい」と豪語した。

 公開練習では柔軟体操からシャドーボクシングに移り、総合格闘技パンクラスの元ウェルター級王者で元プロボクシング日本スーパーミドル級1位・三浦広光との2Rのスパーリング、3Rのミット打ち、3Rのサンドバッグ打ちのあと、クールダウンのようにリラックスした縄跳びを終え、柔軟体操で終わらせた。

 ミットを受けた田中トレーナーは「試合が決まった頃に体調を崩したが、計70Rのスパーリングを行えた。心身ともに充実しているので、挑戦者対策も言えはしないがよくできている」と信頼を寄せた。

 試合は日本時間の21日(日)午前10時からスポーツ・チャンネル『DAZN』で生中継される。

●編集部オススメ

・村田諒太、ラスベガスでの防衛戦決定に「本拠地でKOし、次へ」

・村田諒太がKO勝利、日本人初のミドル級防衛成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース