TOP > 試合結果

【J-NETWORK】アグレッシブな王者との乱戦を制した松島勲也が新王座に就く

2018/10/22(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

アグレッシブに前に出てくる王者・吉野(左)に、パンチで対抗する松島(右)

J-NETWORK
「J-KICK 2018~4th~」
2018年10月20日(土)東京・後楽園ホール

▼第8試合 J-NETWORKミドル級タイトルマッチ 3分5R ※ヒジあり
●吉野健太郎(team COMRADE/J-NETWORKミドル級王者)
判定0-3 47-50、48-49、48-49
〇松島勲也(まつしま・いざや/MSJ/-NETWORKミドル級1位・挑戦者)
※松島が新王座に就く。吉野は初防衛に失敗。

※この試合の速報動画(3Rからノーカット)はこちら

 吉野は2017年9月、12年ぶりの復帰戦でタイトルマッチを行い、KO勝ちで新王座に就くと今年5月大会では元ルンピニースタジアム認定ライト級王者で、3年間無敗のチャンデット・ソーパンタレーにもTKO勝ち。今回の初防衛戦に臨む。

 挑戦者の松島は福岡の立ち技格闘技大会『KING OF STRIKERS』の前王者であり、実家が教会のため”戦うクリスチャン”や”リアル神の子”の異名を持つ。今年5月と8月に行われたミドル級次期王者挑戦者決定トーナメントを制し、挑戦権を手にした。

 1R、前に出てくる吉野に、サウスポーの松島は下がりながら左ミドル、左ロー、右フックを巧みに当てていく。吉野はどんどん前へ出て首相撲に持ち込もうとするが、松島の左の強打をもらう。

 2Rは蹴り合いからスタート。吉野はヒジで飛び来んでの首相撲へ持ち込もうとし、松島はそれを左右フックとローで迎え撃つ。前に出てる吉野は松島のパンチを被弾するが、構わず前へ出てワンツーからヒザ蹴り。松島は左ストレートでクリーンヒットを奪っていく。

 3R、パンチで打たれてもどんどん前へ出る吉野がパンチとヒザ蹴りでペースを握り、乱戦に巻き込んでいく。松島はやや疲れを感じさせる。

 4R、パンチで攻めていく松島に吉野はヒジとヒザで対抗。乱戦の中、両者がパンチを当て合う。吉野は前に出てヒジを叩き込みにいき、松島が左ローと左右フックでそれを迎え撃つ。松島のパンチのヒットが目立つ。

 5Rも開始直後から乱戦模様。松島はパンチ、吉野はヒジを繰り出す。前に出て攻める姿勢を貫く吉野に、松島も苦しそうながらも左右フック、火だろボディブローを繰り出す。さらに左ミドルも。ここで松島の右がクリーンヒットし、試合終了。

 終始、アグレッシブに前へ出続けた吉野だったが、クリーンヒットの差で松島が勝利。新王座に就いた。

※この試合の速報動画(3Rからノーカット)はこちら


平塚(左)がカウンターの左フックを見事にさく裂させ、TKO勝ちで新王者に

▼第7試合 J-NETWORKスーパーウェルター級王座決定戦 3分5R延長1R ※ヒジあり
●笹谷 淳(team CMRADE/J-NETWORKスーパーウェルター級暫定王者)
TKO 1R 3分05秒 ※左フック
〇平塚洋二郎(チームタイガーホーク 大道塾仙南支部/J-NETWORKスーパーウェルター級1位)
※平塚が新王座に就く。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 元J-NETWORKウェルター級王者の笹谷は、昨年5月に挑戦者決定戦を制して挑戦権を手にしたが、王者・北斗拳太郎の王座返上によって暫定王者に認定された。今回は正規王者になるべく王座決定戦に臨む。

 対する平塚は空道で2013年北斗旗全日本重量級王者の実績を持つ。今年8月に初代&第3代WPMF日本スーパーウェルター級王者・清水武と対戦し、勝利を収めている。

 1R、ローの蹴り合いからスタート。平塚の強い右ローが決まる。サウスポーの笹谷はさっそく得意のヒジを狙って行き、平塚は左右フックで笹谷が入って来るところを迎え撃つ。

 笹谷がジャンプして左のパンチを打とうとしたところへ、平塚がカウンターの左フック。これが見事に決まり、笹谷はダウン。立ち上がった笹谷だが、様子を見たレフェリーが試合続行不可能と判断し、平塚のTKO勝ちを宣した。

 平塚は「このベルトをもっと僕の力で価値あるものにしたいので今後とも応援よろしくお願いします。このベルトは僕一人の力ではなくて、大道塾仙南支部の、僕のわがままを聞いてくれてキックボクシングをやらせていただいている佐藤繁樹支部長、それからたくさんいろいろな経験をさせてくれて技術を教えてくれた船木会長のおかげで獲れたと思います。このベルトを何年かぶりに船木会長の腰に巻いてあげたいんですが、いいですか」と、キックボクシングを習っている元全日本キックボクシング連盟ウェルター級王者で、現・鷹虎ジムの船木鷹虎会長の腰にベルトを巻いた。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

●編集部オススメ

・大崎孔稀が早くも2冠王のチャンス、25歳上の4冠王・松崎公則に挑戦

・大崎孔稀がテクニック見せつけヒジ打ちKO勝ち(試合動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果