TOP > 試合結果

【ボクシング】元ヤン因縁対決は亀田京之介が制す

2018/11/12(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

カウンターをヒットさせると一気呵成に攻めていった京之介(右)

協栄ボクシングジム
「東京ファイトクラブ vol.3~亀田和毅世界戦~」
2018年11月12日(月)東京・後楽園ホール

▼第6試合 フェザー級 3分4R
〇亀田京之介(20=協栄ジム)
判定3-0 ※39-37、40-37、40-36
●溝越斗夢(19=緑ジム)

 亀田三兄弟の従兄弟・京之介がSNSで対戦相手を募集し、名乗りをあげたのが2勝(2KO)無敗1分の戦績を持つ溝越。今回は1階級上げての試合となる。元ヤンキー同士の対戦として、試合前には乱闘騒ぎを起こすなど遺恨が勃発している。

 1Rからジャブを突いてプレッシャーをかけていく溝越だったが、京之介はカウンター狙い。溝越が入って来るとジャブで止め、右ストレート、左フックを打ち込む。

 2R終盤には京之介が右アッパーから右ストレートをヒットさせ、溝越がタックルのように組み付いて離さないと京之介がエキサイト。両者にらみ合う。3Rにはロープ際のクリンチで、横越が振り払おうとしたところ京之介がロープの間からエプロンに転落してしまう場面も見られた。

 4Rが始まってすぐ、溝越の右フックがヒット。その後も見合いが続くが、京之介が左アッパー、右ストレート、左フックの3連打で前へ出る。溝越は一瞬腰を落とすがクリンチ。以後も京之介のペースで進み、判定3-0で京之介が2勝目をあげた。

 京之介は「相手も強かったし、自分も警戒して全然手を出さなかったのもあるし、まだまだ練習しないといけない。これからもっともっと練習して強い人とやって経験を増やしていきたい。自分でも納得した試合じゃないし、こんな高いお金は払って来ているお客さんに申し訳ない。すいませんでした。でも頑張ってレベルアップして次の試合では新しい亀田京之介を見せたいと思っています」と勝利者インタビューに答えた。

●編集部オススメ

・亀田京之介がTKOで涙の初勝利

・亀田京之介、デビュー戦はTKOで敗れる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果