TOP > 試合結果

【ONE】“怪物くん”鈴木博昭、ダウン奪って初陣飾る

2018/11/23(金)UP

重たいパンチを振るうヴェラ(右)

▼メインイベント MMA ONE世界ヘビー級(-120.2kg)タイトルマッチ 5分5R
○ブランドン・ヴェラ(41=フィリピン/ONE世界ヘビー級王者)
KO 1R 1分04秒
●マウロ・チリリ(35=イタリア/挑戦者)
※ヴェラが2度目の防衛に成功。

 ヴェラは2005年から13年まで『UFC』に参戦していたベテラン選手。ONE世界ヘビー級王座は15年12月に獲得し、その1年後の初防衛戦では関根“シュレック”秀樹の挑戦を初回TKOで退けている。その後は映画出演などのため実戦を離れていたが、母国開催の今大会で約2年ぶりの復帰、そして2度目の王座防衛戦を迎えることになった。戦績は15勝7敗1ノーコンテスト。

 挑戦者のチリリは今年3月にイギリスの『Cage Warriors』でヘビー級タイトルマッチに臨み、わずか15秒でのKO勝ちで王座を獲得している。戦績は12勝2敗。今回はONE初参戦でいきなりの王座挑戦だ。

 1R、チリリがヴェラの左ハイをキャッチしにいくがテイクダウンは奪えない。続く打撃戦で左構えにスイッチしたヴェラが右フックをヒットさせると、一瞬腰が落ちたチリリはすぐさま突進して右フックを振るう。

 これをバックステップでかわしたヴェラはケージ際で待ち構え、チリリがさらに左フックをフルスイングしてきたところでカウンターの左フック一閃。仰向けに倒れたチリリは起き上がることができず、ヴェラが約2年ぶりの復帰戦をKO勝ちで飾るとともに、2度目の王座防衛に成功した。


バックスピンエルボーをヒットさせるフォラヤン(右)

▼セミファイナル MMA ONE世界ライト級(-77.1kg)王座決定戦 5分5R
○エドゥアルド・フォラヤン(35=フィリピン/元ONE世界ライト級王者)
判定3-0
●アミール・カーン(24=シンガポール)
※フォラヤンが新王座に就く。

 フォラヤンは2016年11月に青木真也からONE世界ライト級王座を奪取。昨年11月に迎えた2度目の防衛戦でマーチン・ヌグエンに敗れて王座を失ったが、その後は2連勝を飾っている。

 対するカーンはONE期待の成長株。今年2月のティモフィ・ナシューヒン戦に敗れて連勝が「6」で途絶えたが、その後は元ONE世界フェザー級王者ホノリオ・バナリオに一本勝ちするなど2連勝している。

 1R、フォラヤンが早速、相手の足を刈るような鋭い左右ローを飛ばすと、カーンはこれを嫌がり構えをスイッチ。フォラヤンはカーンの左ジャブにバックハンドブローも合わせる。右ローの相打ちで転倒したフォラヤンに対し、カーンはすかさず上を取りにいくが、逆にタックルを喰らってテイクダウンされてしまう。

 2R、フォラヤンは左右ローやサイドキックを蹴ってからの顔面パンチ。カーンは構えをスイッチしながらディフェンスの時間が続く。間合いが詰まるとフォラヤンが組み付き、離れ際にバックハンドブロー。カーンもすかさず飛びヒザ蹴りを返すが、着地に失敗して転倒し、フォラヤンのパンチを浴びてしまう。

 3R、カーンが左ジャブから連打を狙おうとすれば、フォラヤンは左フックやバックハンドブローのフルスイング一発でこれを断ち切る。カーンが再びパンチで仕掛けてくると、フォラヤンはタックルでテイクダウン。カーンはチョークに捕らえるも極まらない。スタンドに戻ると、フォラヤンが左右フックから右ミドルを強打する。

 4R、カーンが右オーバーハンドからタックル。ケージ際で組みの攻防になると、フォラヤンは右アッパーとバックスピンエルボーで応戦する。打撃戦ではカーンも左ハイと左ミドルがヒットさせ始めるが、フォラヤンはバックスピンキックやバックハンドブローを返して譲らず。

 5R、組み付いてくるカーンを突き放すフォラヤン。カーンの低空タックルもフォラヤンは素早く腰を引いてカットする。フォラヤンの後ろ回し蹴りがカーンの首筋にヒット。終盤にはフォラヤンがタックルやサイドキックでカーンの反撃を封じた。勝敗の行方は判定に。得意の打撃で試合を優位に進めたフォラヤンが勝ち名乗りを受け、王座返り咲きを果たした。


▼MMA キャッチウェイト(-79.0kg) 5分3R
○ホノリオ・バナリオ(フィリピン/元ONE世界フェザー級王者)
判定3-0
●ラフール・ラジュ(インド)

▼ONE Super Series ムエタイ バンタム級(-65.8kg) 3分3R
○セーマペッチ・フェアテックス(タイ)
判定3-0
●アラヴェルディ・ラマザノフ(ロシア)

▼MMA ウェルター級(-83.9kg) 5分3R
○ジェームス・ナカシマ(アメリカ/LFAウェルター級王者)
判定3-0
●ライモンド・マゴメダリエフ(ロシア)

▼ONE Super Series キックボクシング キャッチウェイト(-73.0kg) 3分3R
○サミー・サナ(フランス)
判定3-0
●アーメン・ペトロシアン(イタリア)

▼ONE Super Series ムエタイ バンタム級(-65.8kg) 3分3R
○ハン・ズーハオ(中国)
TKO 1R 2分52秒
●アズワン・チェウィル(マレーシア)

▼MMA ストロー級(-56.7kg) 5分3R
○ジェレミー・ミアド(フィリピン)
TKO 2R 53秒
●パン・シュエウェン(中国)

▼MMA フライ級(-61.2kg) 5分3R
○ルーディ・アグスティアン(インドネシア)
判定3-0
●マシュラフル・イスラム(バングラディシュ)

●編集部オススメ

・【ONE】“怪物くん”鈴木博昭が覚悟の初陣「もう退路はない」

・【シュートボクシング】鈴木博昭が打撃と投げで世界王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果