TOP > 試合結果 一覧

【BOM】17歳・名高がラジャダムナン王座奪取、日本人7人目の快挙

2018/12/10(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

序盤は劣勢になった栄基(左)だが、ボディブローを効かせて逆転KO勝ち

【第1部】

▼BOUT10 WMC日本スーパーライト級王者決定戦 3分5R
〇栄基(31=エイワスポーツジム)
KO 4R 1分34秒 ※3ノックダウン
●バンフース・ハンター(19=尚武会)
※栄基が新王座に就く。

 栄基は今までウェルター級を主戦場としてきたが、今回一階級下げての二階級制覇を狙う。ミドルキック、首相撲、ヒジなどのムエタイスタイルを得意とし、様々な団体のリングで活躍。2015年にはJ-NETWORKウェルター級王者となった。昨年の夏に一度引退したが、エイワスポーツジム所属となり今年4月に復帰。その復帰戦でWMC日本ウェルター級王座決定戦を行い、勝利を収めて王者となった。

 バンフースはジュニア時代から尚武会のムエタイ指導を受け、タイでの試合経験も豊富。左右ミドルが得意。

 2Rに栄基が右ボディストレート、右ミドルを入れていくが、ハンターが荒々しい蹴りで逆襲。栄基をコカせて顔面蹴りで威嚇し、ふてぶてしい表情を見せる。

 3R、ハンターが栄基の前足へローを集中させ、栄基がパンチで来るとパンチを合わせるハンター。ペースを握ったかに見えたが、栄基が2Rから当てていた右ボディブローが効いてダウンを奪う。

 4R、ハンターにローを蹴られながらも前へ出てボディを攻める栄基。ハンターも荒々しくパンチで反撃するが、栄基が左ボディブローからの左ヒザ蹴りを突き刺してダウンを奪う。

 コーナーを背にしたままのハンターへ栄基がヒザ蹴りで2度目のダウンを追加し、ヒジで反撃するハンターを最後は左右ボディブローの連打で仕留めて栄基が2階級制覇に成功した。

 栄基はマイクを持つと「いい試合だったとは言えないですし反省ばかりでしたが、勝利してベルトを手にしたのは大きいと思うので、反省してまた頑張ります」と、内容には納得いかないながら2階級制覇を喜んだ。


伊東(左)がTKO勝ちでベルトを腰に巻いた

▼BOUT09 WMC日本ライト級王者決定戦 3分5R
●DAIJU(36=尚武会)
TKO 5R 00秒 ※ヒジによるカット→レフェリーストップ
〇伊東伴恭(34=LAILAPS東京北星ジム)
※伊東が新王座に就く。

 DAIJUはムエタイ大会『ムエローク』期待の有望株で、昨年8月に新日本キックボクシング協会元日本ライト級暫定王者・中尾満、11月にはNKBライト級王者・大和知也を撃破している。伊東は2014年にプロ5戦無敗のままJ-NET新人王に輝き、ランキング入り。ローキックを得意とするタフなファイターだ。

 試合が動き始めたのは3R、お互いに蹴りを中心とする戦いの中、DAIJUが伊東の蹴りにパンチを合わせに行くが、伊東が左ミドルを強烈にヒットさせた。4R序盤には伊東がDAIJUの右目下をヒジでカット。流血に追い込み、その後もヒジを狙う。

 5R開始と同時にドクターチェックが入り、DAIJUはドクターストップ。伊東が新王座に就いた。

 チャンピオンベルトを巻いた伊東は「無事にチャンピオンになることが出来ました。いろいろ苦しいこともありましたがこういう機会を与えていただきありがとうございました。思っている技は出せないんですが、少しずつ強くなっています。このような素晴らしい舞台で試合が出来たことは僕の一生の思い出になります」とマイクで語った。


▼BOUT08 WMC日本ミドル級王者決定戦 3分5R
〇長谷川拓也(37=レンジャージム)
KO 2R 39秒
●小嶋広樹(25=WSR幕張)
※長谷川が新王座に就く。

▼BOUT07 WMC日本スーパーウェルター級王者決定戦 3分5R
〇柿沼 慶(18=ポゴナジム)
KO 2R
●真樹・親太郎(18=真樹ジムAICHI)
※柿沼が新王座に就く。

▼BOUT06 WMC日本スーパーバンタム級タイトルマッチ 3分5R
〇大野貴志(22=士道館新座ジム)
KO 1R 2分50秒
●森下翔平(28=M-BLOW)
※大野が初防衛に成功。

▼BOUT05 WMC日本スーパーバンタム級 3分3R
〇竹内将生(エイワスポーツジム)
判定3-0 ※30-26、30-27、30-28
●昭彦(尚武会)

▼BOUT04 WMC日本60.50kg契約 3分3R
〇リク・シッソー(トースームエタイシンジム)
判定3-0 ※三者とも30-27
●加藤雅也(TSKjapan)

▼BOUT03 WMC日本フェザー級 3分3R
●REITO BRAVELY(BRAVELY GYM)
判定0-3 ※29-30、29-30、28-29
〇川原龍弥(北流会君津ジム)

▼BOUT02 WMC日本67.00kg契約 3分3R
〇誠(レンジャージム)
判定3-0 ※29-28、29-28、30-28
●滝口幸成(WSR幕張)

▼BOUT01 WMC日本56.50kg契約 3分3R
●虎二郎・FLYSKY(FLYSKY GYM)
判定0-3 ※29-30、28-29、28-29
〇森岡悠樹(北流会君津ジム)

▼オープニングファイト2 WMC日本52.00kg契約 3分3R
△ヌーリン・シッソー(トースームエタイシンジム)
ドロー 判定0-0 ※三者とも29-29
△前田伊織(北流会君津ジム)

▼オープニングファイト1 WMC日本58.9kg契約 3分3R
●渡辺秀康(レンジャージム)
判定0-3 ※三者とも28-29
〇小池修平(ファイトクラブ428)

●編集部オススメ

・WBC&IBF認定ムエタイ世界王者・吉成名高のラジャダムナン王座挑戦が決定=12月9日

・12月横浜でムエタイビッグマッチ、現役ランカー来襲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧