TOP > 試合結果

【ベラトール】女王マクファーレンが過去最強の敵に一本勝ち、故郷で涙のV2

2018/12/16(日)UP

パンチでモー(左)を追い込むマギリー(右)

▼ライトヘビー級 5分3R
○リアム・マギリー(36=イギリス/元Bellator MMA世界ライトヘビー級王者)
KO 3R 53秒
●キング・モー・ラワル(37=アメリカ/元Strikeforce世界ライトヘビー級王者)

 1R、モーは左右に動きながら右ローを蹴るが、距離が遠く空振りが多い。一方、リーチで勝るマギリーは左ジャブを顔と腹まで届かせる。業を煮やしたようにタックルでテイクダウンにいくモー。マギリーはすぐに立ち上がって離れる。マギリーは左ジャブから右ローと右ヒザ蹴りに繋げるコンビネーションに切り替え、圧力をかける時間が続いた。

 2R、モーは左方向へ回り込みながら右ローを蹴っては離れるを繰り返す。マギリーは追いかけながら左ジャブと左右ローを当てていく。モーは残り1分半でタックル。マギリーはケージを背負いながらエルボー連打を落とし、尻餅を着かされながらもすぐに立ち上がる。

 3R、左ジャブとワンツーでモーを寄せつけないマギリー。モーはパンチのフェイントを入れたり頭を振ったりしながら間合いを詰めんとするが、一瞬動きが止まったところでワンツーを喰らってダウン。レフェリーがここで試合を止め、マギリーがKO勝ちで連敗脱出を果たした。


▼ライト級 5分3R
○ナイノア・ダン(アメリカ)
TKO 3R 2分05秒
●コナ・オリヴェイラ(アメリカ)

▼ライト級 5分3R
○ダスティン・バルカ(アメリカ)
判定2-1 ※29-28、28-29、30-27
●アイザック・ホップス(アメリカ)

▼180ポンド契約 5分3R
○マキ・ピトロ(アメリカ)
一本 3R 2分40秒 ※リアネイキドチョーク
●クリス・シスネロス(アメリカ)

▼バンタム級 5分3R
○カイ・カマカ三世(アメリカ)
判定3-0 ※三者とも29-28
●ショージン・ミキ(アメリカ)

●編集部オススメ

・女王マクファーレン、最強挑戦者を地元愛で歓迎

・リョート・マチダが移籍初戦の計量パス、対戦相手は計量オーバー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果