TOP > 試合結果

【イノベーション】トーナメントは“大穴”浅川大立が“本命”高橋聖人を破り優勝

2018/12/26(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

得意の蹴りで決勝進出を果たした高橋

▼第9試合 セントラルグループ presents 岡山キックボクシング59kg賞金トーナメント 準決勝戦 3分3R延長1R
●岩城悠介(PCK連闘会/聖域統一スーパーフェザー級王者)
判定0-3 ※28-29、28-29、28-29
〇髙橋聖人(真門ジム/日本キックボクシング連盟/NKBフェザー級王者)
※高橋が決勝へ進出。

 両者とも初戦を楽にクリアーはしていないだけにその消耗度が計られるところだが、弱った様子は見られない。

 一貫してワンツーストレートを基調とする岩城と足技をジャブのように飛ばす髙橋でパンチ×キックの様相。髙橋はすでに赤黒くなっている岩城の左太腿を左ローキック、右内股ローキックで狙い打つ。されど岩城の表情は変わらず、蹴りにパンチを合わせてダウン奪取を狙うが、髙橋の集中力は切れない。

 髙橋にとっては「右ストレートを警戒」という先ほどのTHEPと似た命題をしっかりとこなし、狙い目の左脚を潰しにかかるという明白なテーマをもって攻撃する作戦を遂行。それに対し、岩城はワンツーストレートを突破口にヘッドハンティング(頭部狙い)に専念。
そんな対決で明確に頭抜けたのは、髙橋の多彩な蹴り技だった。

 第3ラウンドには、ダウンしないのが不思議なほど痛烈にローキックを効かせ、それでいながらパンチの決定打を一切許さなかった髙橋が3-0の判定勝利。


安本(右)が左ボディブローでKO勝ち

▼第8試合 INNOVATIONスーパーバンタム級王者決定戦 3分5R延長1R
〇安本 晴翔(橋本道場/同級1位)
KO 3R 1分12秒 ※左ボディブロー
●和斗(井上道場/同級3位)
※安本が新王座に就く。

 和斗と同階級とは思えないほど、手足が長く肩幅広く発達した安本の容貌はサラブレッド感が漂う。試合開始すぐに速いローキックを打ち込む安本は、サウスポーから始めるが、数秒刻みに左右を入れ変えて構えるスイッチを頻繁に行う。

 キックのフェイントも激しく、ローキックとハイキックが見分けがつかない打ち方で素早く打ち込むが、和斗はそれを熟知している様子で、固く上げた両腕のガードを下げないでブロックし続ける。

 そうした和斗の集中力は凄まじいが、安本はそれを意に介さない。ガードの上からでも圧倒的に攻め続ける和斗が攻撃に転じられる場面もほとんどないまま3Rに突入すると、安本が単発の左ボディーフックを狙いすまして直撃させる。これにたまらずうずくまる和斗がダウン。

 なんとか立ち上がるも、これまで鉄壁を維持していたガードは消え去り、もう一発、同じボディーを喰らった和斗は悶絶して立ち上がることができずに10カウントを聞いた。

●編集部オススメ

・各団体王者クラス集結の賞金トーナメント組み合わせ決定

・王者集結のヒジありワンデー賞金トーナメント開催、亀田大毅破った元世界王者参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果