TOP > 試合結果

【イノベーション】トーナメントは“大穴”浅川大立が“本命”高橋聖人を破り優勝

2018/12/26(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

打ち合いを仕掛けていった浅川(右)が、各団体王者クラス勢ぞろいのトーナメントを制した

Japan Kickboxing Innovation
「第5回岡山ジム主催興行」
2018年12月16日(日)岡山武道館

▼第15試合 セントラルグループ presents 岡山キックボクシング59kg賞金トーナメント決勝戦 3分3R延長1R
●高橋聖人(真門ジム/日本キックボクシング連盟/NKBフェザー級王者)
判定0-2 ※29-29、29-30、28-29
〇浅川大立(ダイケンスリーツリー/JAPAN KICKBOXING INNOVATION/INNOVATIONフェザー級王者)
※浅川がトーナメント優勝。

 イノベーションを始め、NKB、シュートボクシングなど各団体の王者クラス8選手によるワンデー賞金トーナメント「岡山キックボクシング59kg賞金トーナメント」が行われた。

 公式パンフレットでの勝敗予想で高橋は5人の識者のうち2名が本命、2名が対抗に推して4名もの白マークをつけたが、浅川には1名が穴に選んだのみで、「最も支持された選手」と「最も支持されなかった選手」の意外な決勝戦となった。

 好対照はこれに留まらず、高橋は出場メンバー最年少で平成生まれの20歳、浅川は最年長で昭和生まれの37歳である。ここまでの2試合、いずれも激戦を勝ち上がったが、涼やかに見える高橋に対し、浅川はノンストップの激しい試合内容で3Rか延長Rまで戦っている。

 だがしかし、ゴングが鳴ると浅川は、それまでの猛ラッシュ以上の超ラッシュを爆発させ、パンチのみならず左右のヒジを振り回す。これに髙橋は下がらず応戦。高速右ローキックを立て続けに連打し、上中下に攻撃を散らせて多彩さも発揮する。

 高橋がコンビネーションを叩きつければ、倍返しでパンチとヒジ、ローキックのラッシュをお返しする浅川。右アッパーやハイキックなど、それまでの直打一辺倒ではなくなり、技術が見え隠れもする。

 最終の3R、高橋は華麗なテクニックを捨て、あえて浅川の「バチバチ」に付き合うように、その分、攻撃を当てる頻度を高めるが、浅川の勢いはこれまで同様、終盤に向かうにつれ増していく。呆れるほどに打ち合う両者を止めたのは、試合終了のゴングのみ。

 延長戦も十二分にあり得る緊張の漂う判定結果は、1名がドロー、2名が浅川を支持し、ここで栄えあるトーナメントチャンピオンが決定した。

 浅川はマイクを持つと「岡山の皆さん、こんにちは。山梨から来た浅川大立です。INNOVATONのチャンピオンに今年なって、こうやって優勝させていただくことができました。37歳になりますが、まだ進化できることを、これからも証明していきます。優勝賞金の50万円は、山梨から応援に来てくれた仲間たちと一緒に今夜全部岡山で遣います。山梨も良いところなので、是非、遊びにいらしてください」と優勝の喜びを語った。


タナンチャノック(右)の強烈な右ミドルに顔をゆがめる白築(左)

▼第14試合 株式会社ミズケイ presents WPMF女子世界フライ級タイトルマッチ 2分5R
●白築杏奈(KICKBOXING CLUB/王者)
判定0-2 ※48-49、49-49、48-49
〇タナンチャノック・ゲーオサムリット(タイ/挑戦者)
※タナンチャノックが新王座に就く。

「挑戦者の気持ちでいく」と試合前から明言していた白築は、その言葉の通り、試合開始からすぐにパンチで突進し倒しにいく。

 テクニシャンのタナンチャノックは、咄嗟に肘打ちをあわせ、キレのある右ミドルキックを叩きつける。
勝負は、この白築の突進パンチ、タナンチャノックのミドルキックに終始した。

 白築は「ガードするくらいなら相打ちでもパンチを叩き込む」という選択をしたのか、タナンチャノックの鋭い蹴りを一切カットすることなく、中盤までに白築の左わき腹は真っ赤に腫れ上がる。

 パワー×テクニックの典型の展開ながら、白築の気迫に負けず、タナンチャノックも声を張り上げて反撃し、精神面でも激しくノンストップで激突を繰り返す。
タナンチャノックの意外な一面は、力強い白築の首相撲をほとんど技術で封じ込めたこと。これにより一方的な白築の攻勢場面は、ほとんど見られず、闘牛士のように舞い戦うことができた。

 白築の大応援団の声援は、昨年の岡山興行(世界挑戦時)同様に凄まじく、そんなアウェーでも気力負けしないタナンチャノックも流石。フルラウンドの打ち合いは判定2-0となり、ジャッジはタイ人選手を新女王として支持した。

●編集部オススメ

・各団体王者クラス集結の賞金トーナメント組み合わせ決定

・王者集結のヒジありワンデー賞金トーナメント開催、亀田大毅破った元世界王者参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果