TOP > 試合結果 一覧

【Krush】打たせずに打つ、技巧派・玖村将史が新王者に

2019/02/16(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ロープ際に追い詰め襲い掛かる竹内(左)

▼第1試合 スーパー・ライト級(65kg)3分3R延長1R
〇竹内悠希(K-1ジム五反田チームキングス)
KO 1R 2分58秒 ※3ノックダウン
●眞暢(TEAM ONE LINK)

 1R、コーナーに詰めた竹内が右フックからの左フックでダウンを奪う。続いてジャブからの右フックで2度目のダウンを追加。眞暢は左ボディブローで反撃するが、竹内は連打をまとめてコーナーへ追い詰め、レフェリーが試合終了を宣言した。


▼プレリミナリーファイト第3試合 スーパー・フェザー級(60kg)3分3R
●ソルデティグレ・ヨースケ(Team Yosuke)
判定0-2 ※28-29、28-28、28-29
〇聖也(ウィラサクレック・フェアテックス西川口)

▼プレリミナリーファイト第2試合 バンタム級(53kg)3分3R
●橋本裕也(K-1ジム五反田チームキングス)
判定0-3 ※三者とも29-30
〇藤田和希(K-1ジム目黒TEAM TIGER)

▼プレリミナリーファイト第1試合 ライト級(62.5kg)3分3R
●川上浩平(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
KO 1R 1分05秒 ※右ストレート
〇安田学登(K-1ジム蒲田チームキングス)

●編集部オススメ

・戴冠に王手の玖村将史「チャンピオンに相応しい戦いする」

・軍司泰斗が4階級制覇をぶち上げる、玖村将史は「何がなんでもベルトを巻く」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧