TOP > 試合結果 一覧

【レベルス】日菜太が現ラジャ王者シップムーンをローキック葬

2019/02/17(日)UP

REBELSプロモーション
「PANCRASE REBELS RING.1 NIGHT」(夜の部)
2019年2月17日(日)東京・新木場スタジオコースト

左ローでKO勝ちした日菜太

▼第7試合 メインイベント REBELS 70kg級タイトルマッチ REBELSルール 3分3R延長あり
〇日菜太(クロスポイント吉祥寺/王者)
KO 3R26秒 ※左ローキック
●シップムーン・シットシェフブンタム(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者/挑戦者)
※日菜太が3度目の防衛に成功

 REBELS 70kg級王者・日菜太が、ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者シップムーンを挑戦者に迎えて3度目の防衛戦を行った。防衛戦は2014年10月以来。挑戦者のシップムーンは2017年5月に、日菜太と同門のT-98を破り、ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王座を奪取して以来王座に君臨し続けている。2018年6月には緑川の挑戦も退けた。

 1R、お互いにサウスポー。日菜太は右インロー、左ロー、左ミドルと積極的に蹴りを放つ。シップムーンは距離を詰めて左ストレート。そしてガンガン打ち合いに持ち込む。

 2R、日菜太はロー主体からパンチ連打につなぐが、シップムーンは前進してはパンチ連打。そして組んではヒザを入れる。シップムーンに距離を潰される日菜太は蹴りが封じされパンチ勝負を強いられてしまう。

 3R、日菜太の左ローでシップムーンは腰が一瞬落ちる。日菜太はパンチ連打から左ローを決めるとシップムーンはたまらずダウン。そのまま立ち上がれず、日菜太がKO勝ちで3度目の防衛に成功した。マイクを持った日菜太は「アラゾフとかペトロシアンとか70kg級の強い奴とキャリアの最後に戦ってキック人生を締めくくりたい」とアピールした。


左ローで追い込む小笠原

▼第6試合 セミファイナル スーパーバンタム級 3分5R REBELS-MUAYTHAIルール
〇小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/ISKA K-1ルール世界バンタム級王者)
KO 1R1分28秒 ※左ハイキック
●ペットヤソー・ダームランサラカム(タイ/MAX MUAYTHAI55kg級王者)

 レベルスの若きエース、小笠原が2019年初戦でムエタイ強豪を迎え撃つこととなった。ペットヤソーは元ルンピニースタジアム認定フライ級9位。2015年には元WPMF世界フライ級王者・福田海斗と対戦経験があり(福田が判定勝ち)、昨年7月には新日本キックで江幡睦と対戦している(江幡が判定勝ち)。現在はタイで人気のビッグマッチ『MAX MUAYTHAI』の55kg級タイトルを保持。戦績は78戦57勝17敗4分。

 1R開始から小笠原はスピードある攻撃を仕掛けて左ローを集中打。左ハイを決めて一気にパンチ連打を見せると、左ローも混ぜる。相手の意識が下に下がったところに、小笠原は左ハイをクリーンヒットさせ、見事なKO勝ちを収めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧