TOP > 試合結果

【ムエタイ】44・ユウ、押川大也がラジャダムナンで激闘展開

2019/03/20(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

打ち合いに行く44・ユウ(左)だが、ワンカン(右)の右ストレートをもらう

「スックワンギントン」
2019年3月17日(日・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアム

▼第3試合 124.5P契約 3分5R
〇ワンカン・パンユットプン(中国)
判定3-0 ※三者とも48-46
●シーシー・ウォーワンチャイ(44・ユウ・リバイバル/REVAIVAL-GYM/元MuayThaiOpenバンタム級王者)

 前回のラジャダムナンでは思い切りのよいローキックを軸に勝利している44・ユウ。今回は中国人選手との対戦となった。 44・ユウは中学2年生で東京都足立区のREVAIVAL-GYMに入門。アマチュア試合で10連勝した後にプロデビューし、2017年7月にわずか7戦目でMuayThaiOpenバンタム級王座に就いた。

 1R、44・ユウは作戦通り、離れた距離からローキックとミドルキックを多用。特にミドルキックが絶妙なタイミングでワンカンに食い込み、この距離を保てれば44・ユウの圧勝だろうと思われた。だが距離が詰まった一瞬に、ワンカンの右パンチを食らい、44・ユウは尻もちをつくようにダウンしてしまう。44・ユウはすぐに立ち上がり、カウント8で試合再開。これは効いてダウンしたものではなかったが、ワンカンはここから猛ラッシュで44・ユウに襲い掛かる。44・ユウは首相撲の間合いに持ち込み、ワンカンのパンチをしのぐ。

 2R、ワンカンは44・ユウのスピードある蹴りをよけきれず腕や腹に多数食らう。初回でダウンして危なかった44・ユウだが、このラウンドでは試合の主導権を握ったかのように思われた。

 3Rも44・ユウは距離を保ち蹴りを多発。だがワンカンはこのままの距離ではペースを奪われることを感じたのか、ラウンド中盤から距離を詰めフックの連打で44・ユウに襲い掛かる。44・ユウもこれに応戦。両者のパンチが相打ちの状態で交差。互いに倒す一発を備えているだけに、大打撃戦に場内も湧く。

 だが先にパンチを当てたのはワンカンの方だった。44・ユウは右の強打を食らいダウンするも、すぐに立ち上がり試合再開。

 4Rも互いの強打が交差し、この間に44・ユウはしっかりとミドルキックを当て、この4Rは状態を保ったか。ラウンド終了間際、44・ユウのボディー攻撃に対し、ワンカンは若干疲れた表情を見せた。

 最終R、44・ユウはワンカンを倒しにパンチ、ローキックで前に出る。ワンカンの腹が効いていたのは確かだった。ワンカンは苦しい表情を見せながらも持ちこたえ、試合終了ゴングが鳴る。ジャッジはワンカンを勝者とした。採点は三者とも46‐48。

 44・ユウは「動画で試合を振り返ると、会長が言うように自分の駄目なところがたくさん出ていた。今後は一つ一つを改善してREVIBAL(復活)を果たします。応援してくださった方々、本当にありがとうございました」とコメントした。

●編集部オススメ

・元王者44・ユウがラジャダムナンでの再起戦でTKO勝ち

・44・ユウが王座を奪取した「MuayThaiOpen39」全試合結果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果