TOP > 試合結果 一覧

【ムエタイ】石井一成の甥・寿来がルンピニー初陣で圧勝

2019/03/25(月)UP

終始、対戦相手を圧倒した石井(右)

「スック・ギャットペット」
2019 年3月17日(日・現地時間)タイ・ルンピニースタジアム

▼39.5㎏契約 2分5R
○ジュライ・エクシンディコンジム(石井寿来/エクシンディコンJAPAN)
判定3-0
●メーカラー・シットウィラチャート (タイ)

 石井寿来は、石井一成の甥にあたる(一成の姉の息子)。日々打倒ムエタイに打ち込む石井一成に影響され、寿来も5歳からキックボクシングに入門。以降、日本国内で63戦(48勝14敗1分)の戦績を残し、様々な国内タイトルを奪取。タイでも4戦4勝という実績だ。現在中学一年生ということだが、これまでのタイ戦績4戦全勝したことやその戦いぶりなどから、今回のルンピニースタジアム初参戦の運びとなった。対戦相手のメーカラーは、ブリラム県出身の13歳。これまでに約50戦の戦績がある。

 1R、スロースターターのメーカラーに対し、石井はパンチから左ローで前に出た。そしてメーカラーとの距離が詰まった一瞬に足払いを決め、距離感を掴んだこともアピール。メーカラーは時折ミドルキックを返してくるが、石井は構わずローとパンチで有効打を積み重ねた。

 2R開始直後、メーカラーが前に出てきた。初回は石井の様子を探っていたのか。メーカラーとしては左ミドルを軸に石井の前進を止めたいところだが、ここでさらに石井の左ローキックが加速。ローが多数決まり、メーカラーがバランスを崩したところを、石井は左ストレートからの強烈な右ボディーフックを浴びせる。このボディー打ちは手応え充分で、それ以降コンビネーションの最後はボディーフックで締めた。

 3R、メーカラーはさらに距離を詰めてきた。首相撲で石井の前進を止めたかったのだろうが、組んでからも石井が体捌きでメーカラーが倒されるなど、石井の優勢は変わらなかった。試合は再び石井のパンチの距離に戻り、石井陣営からは「もっと徹底してボディーを攻めろ!」という指示が飛ぶ。

 4R、石井のローキックとパンチを軸にした攻撃が続く。メーカラーは初回から石井のローキックを多数食らい続け、ここでバランスを崩し、足が鈍っている仕草を見せる。ローが効いていることは確かだった。石井はさらにパンチ、ロー、そしてミドルとあらゆる打撃でメーカラーを圧倒。

 5R 、メーカラーは時折ミドルキックを放つも逆転するほどの攻めには至らず。これまでのジャッジ印象も、技のヒット数、バリエーション共に石井が圧倒していたのは一目瞭然だ。

石井一成と共に記念撮影

 結果は石井が判定勝利。ムエタイでは、試合終盤のためのペース配分を考え、初回からは打ち合わない選手も多いが石井は初回から見せたローキックとパンチラッシュを最終ラウンドまでペースを落とすことなく打ち続けるところなど、スタミナ面での強さも見せ、終始堂々とした試合運びが印象的だった。

 メーカラーも地元ブリラム県で50戦を戦い抜いた強者であるが、石井の回転の速い打撃をディフェンスしきれず、食らいながらも時折ミドルキックを返すのみであった。打撃時のコンビネーションの速さは、石井一成の甥っ子ならではと、納得させられるものであった。

  ルンピニー初参戦に勝利した石井は、「初めてのルンピニースタジアムで勝てて嬉しいです。またルンピニースタジアムのリングに上がれるように、頑張りますので、応援をよろしくお願いします」と語った。

Photo&Text 早田寛 Hiroshi Soda(シンラパムエタイ)

●編集部オススメ

・石井一成と同門・寿来がルンピニー出陣

・KNOCK OUT王者・石井一成、KO勝ちでWPMF世界王座獲得

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧