TOP > 試合結果

【BOM】日本人初快挙、名高がムエタイ最高峰ルンピニー王座獲得で、ラジャと統一王者に

2019/04/15(月)UP

北野が防衛に成功

<BOUT2> 第1部
BOMプロモーション『The Battle Of Muaythai SEASON 2 vol.1』

日時:4月14日(日) 横浜大さん橋ホール

▼第8試合 WBCムエタイ 日本スーパーライト級(63.50kg)タイトルマッチ 3分5R
○北野克樹(誠至会/WBCムエタイ日本スーパーライト級王者)
判定3-0 ※49-48、49-48、49-47
●実方拓海(TSK japan/第2代WMC日本スーパーライト級王者)
※北野が王座防衛

 北野は昨年1月にWBCムエタイ日本統一スーパーライト級王座を獲得以降、4連勝したが、10月の「KNOCKOUT」で元REBELS 65kg級王者の水落洋祐に判定負け。
 自分の欠点が見つかったという北野はこの防衛戦に再起をかける。対戦相手は第2代WMC日本スーパーライト級王者の実方拓海。

北野の左ストレートが先に入るがカウンターを狙ったか直後に実方の左もヒットする

 1R お互いローで様子を伺うが、2Rになると北野はローを中心にミドル、後ろ蹴りを積極的に繰り出す。実方はインローが中心に攻める。
 3R、実方のインローで、北野の内腿が腫れ始める。実方が接近戦に持ち込もうとすると北野は前蹴りやストッピングで入らせず、ミドルに上手く繋げるなど北野はペースを維持する。

 4Rには実方のパンチに北野はミドルを合わせ、ロー、ミドルとたて続けに入れる。5Rは序盤に実方のパンチをもらうも、前ラウンド同様に北野はパンチにミドルを合わせロー、そしてハイに繋げる。終盤、実方がラッシュをしかけたが北野がペースを崩さず判定3-0で北野が勝利した。


柿沼がパンチ連打でKO勝利

▼第7試合 WMCインターコンチネンタル スーパーウェルター級(69.85kg)タイトルマッチ
●J(初代WMC日本ウェルター級王者)
KO 3R 1分58秒 ※パンチ連打
○柿沼 慶(第2代WMC日本ウェルター級王者)
※柿沼が新王座に就いた。

新王座に就いた柿沼

 1R、柿沼は圧力をかけて前に出て強い右ローを入れていく。Jは下がりながらジャブから右そしてハイを狙う。
 2Rには柿沼の強いローにJはパンチを合わせるなど手数が増え柿沼にパンチが入り始める。
 3RになるとJは勢いを増し、パンチ蹴りに加え、飛び膝蹴りまで仕掛けるが、柿沼はJの動きを見ながら左フックを放つと、Jはマットに崩れる。10カウントギリギリで立ち上がったJだったが、再び柿沼のパンチの連打を浴びダウン。なかなか立てないJにレフェリーが試合を止め柿沼のKO勝ちとなった。


翔(右)の執拗なヒジ攻撃で伊藤は流血する

▼第6試合 WMC日本61.50kg 3分5R
○翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム/第3代・初代WMC日本ライト級王者)
判定3-0

●伊東伴恭(LAILAPS東京北星ジム/第4代WMC日本ライト級王者)

流血後も果敢に攻める伊東

 1R、翔は前蹴りで何度も伊東を突き放し伊東を中に入らせない。遠距離からローを試す伊東だったが終盤、翔の左肘がヒットする。
 2Rにも組んでから上手く左肘を当てる翔、伊東は3Rに得意の左ロー、そして肘に繋げようとするが、翔も肘で反撃する。翔の執拗な肘攻撃に4Rに伊東は右瞼をカット。流血しドクターチェック。
 5Rには伊東は距離を詰め手数で翔を追い詰めるも終盤には翔の前蹴りが伊東の顎にクリーンヒットさせるなど翔も反撃を見せ試合終了。フルマーク判定で翔が勝利した。


▼第5試合 WMC日本フェザー級(57.15kg)王座決定戦 3分5R
●川原龍弥(北流会君津ジム/WMC日本フェザー級2位)
判定0-3  ※3者とも49-48
○佐野貴信(創心會)
※佐野が新王座に

▼第4試合 WMC日本バンタム級(55.34kg)王座決定戦 3分5R
●Mr.ハガ(ONE’S GOAL/WMC日本バンタム級4位)
判定 0-3(47-50、47-49、47-49)
○大田一航(新興ムエタイジム)
※大田が新王座に

▼第3試合 WMC日本ウェルター級(66.68kg)王座決定戦 3分5R
○誠(レンジャージム/WMC日本ウェルター級4位)
TKO 3R 2分05秒 
●田邊裕哉(京都野口ジム/WMCスーパーライト級7位)
※誠が新王座に

▼第2試合 WMC日本ライト級(61.23kg)契約 3分3R
○下東悠馬(TSK japan/WMC日本スーパーフェザー級7位)
判定3-0 ※30-26、2者30-27
●加藤淳平(LAILAPS東京北星ジム)

▼第1試合 WMC日本66.00kg契約 3分3R
●エイメン・ゴールドライフ(GOLD LIFE GYM)
判定0-3 ※28-30、2者28-29
○YOUTA(WSR西川口)

▼オープニングファイト WMC日本フェザー級(57.15kg)契約 3分3R
●渡辺秀康(レンジャージム)
KO  3R 43秒  
○神田賢吾(WSR荒川)

●編集部オススメ

・17歳・名高がラジャダムナン王座奪取、日本人7人目の快挙

・17歳でラジャ王者になった名高、前人未到の記録達成へ

・【ムエタイ】吉成名高が日本人初のIBFムエタイ世界王者に

・16歳の天才・吉成名高が衝撃的KOで世界王座を獲得

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果