TOP > 試合結果

【BOM】日本人初快挙、名高がムエタイ最高峰ルンピニー王座獲得で、ラジャと統一王者に

2019/04/15(月)UP

日本人初のルンピニーのベルトを巻いた名高

BOMプロモーション『The Battle Of Muaythai SEASON 2 vol.1』
<BOUT2>第2部

日時:4月14日(日) 横浜大さん橋ホール

▼ルンピニースタジアム認定 ミニフライ級王座決定戦 3分5R
●シンダム・カフェフォーガ(タイ/CHANNEL7ピン級4位)
判定0-3 ※3者とも50-47
○名高・エイワスポーツジム(エイワスポーツジム/ラジャダムナンスタジアム認定同級王者)

※この試合のノーカット映像はこちら

 2018年12月、日本人7人目のラジャダムナン王座を獲得した名高が、日本人では誰も獲っていないルンピニースタジアムの王座に挑戦。接戦の末判定0−3で名高が勝利し、日本人初快挙となった。
 ムエタイの2大殿堂、ルンピニーとラジャのタイトルを同時保持する統一王者は、タイ人以外では2人目。

 試合は1R、お互いローで様子を見ながら、名高は中盤から足払いを仕掛ける。シンダムは若干崩れるも持ち直す。静かな立ち上がりだが、2Rには名高の右ボディブロー、左ストレートがシンダムのガードをかいくぐってヒット。更に名高はシンダムが放った左ミドルの足を捕まえ左ミドルで返すなど返し技が目立ち名高のペースでラウンドを終える。

ガードをかいくぐり、名高のパンチがヒットする

 3R、シンダムの左ミドルをキャッチし名高が左ローを返すとシンダムは大きくバランスを崩し倒れそうになる。シンダムはミドルや前蹴りを放つと全て名高にキャッチされてしまうからか、手数が少なめだ。名高はミドル、ハイ、ワンツーと技を出していく。

 4R、シンダムはポイントの不利を感じたか前に圧力をかけパンチを仕掛けては首相撲のヒザ、ローから首相撲と繰り返す。シンダムのパワーに名高は押され気味になる。 

シンダムも反撃

 5R、前に出るシンダム、パンチそして縦ヒジを放ち名高を襲うが、名高はギリギリのところでかわす。シンダムの蹴りは、ほぼキャッチされバランスを崩される。1度名高がコカされる場面もあったが、名高はシンダムの左ミドルをキャッチしコカすと、続けて左ストレートで顎を跳ね上げるなど後半は名高のペースとなり、名高がフルマークの判定で勝利した。

5R、左ミドルをキャッチしてコカす。

 勝った名高は「途中、相手がどんどん来て弱気になりそうなところもあったんですけど皆さんの応援のおかげで踏ん張ることができました。ルンピニースタジアムのベルトを巻くことができたので嬉しく思います。ですが、反省点もたくさん残る試合だったので、もっと王者らしい試合ができるように頑張りますので応援よろしくお願いします」応援してくれた四方の客席に深々と頭を下げた。

※この試合のノーカット映像はこちら


パコーンの右ローは低く、スネ外側に集中した

▼BOM SUPER FIGHT 66.68kg契約 3分5R
○パコーン・PKセンチャイジム(タイ/WMC世界ウェルター級王者/元ルンピニーライト級王者、元ラジャダムナンスーパーフライ級王者)
KO 2R 0分58秒 ※右ローキック
●中野椋太(誠至会/NJKFウェルター級王者)

※この試合のノーカット映像はこちら

ダウンを奪った2Rのスネ外側のローキック

 パコーンは元ルンピニーライト級王者で、元ラジャダムナンスーパーフライ級王者という強豪。NJKFウェルター級王者の中野が挑んだがパコーンの圧力、そして蹴りのパワーが際立った。

 1Rからパコーンは顔面をガードし、ジリジリ前に出、強烈な右ローを放つ。度々放つパコーンの右ローは当てる位置が低く、太ももではなく相手のスネの外側を狙う低空ローキック。UFCなどでふくらはぎ部分を蹴る選手はいるがムエタイ、キックでは稀。

勝利したパコーン

 中野はジャブとインローを中心に時折パンチの連打に行くがパコーンはしっかりガード。パコーンに中野が左フックを放つとパコーンも左フックをカウンターで合わせるなど、パンチでもうまさを見せる。ラウンド終了直前にパコーンの打ち下ろしの右がヒットする。パコーンの右ローで足を痛めたのか終了のゴングで中野は足を引きずりながらコーナーに戻る。

 2Rもパコーンは前に出ながらパンチをヒットさせ強烈な低いローを放っていく。反撃する中野だったがパコーンが中野の左スネ外側へ右ローを蹴ると、中野はマットに膝をつく。そのまま立つことができなくなりパコーンのKO勝ちとなった。

※この試合のノーカット映像はこちら

●編集部オススメ

・17歳・名高がラジャダムナン王座奪取、日本人7人目の快挙

・17歳でラジャ王者になった名高、前人未到の記録達成へ

・【ムエタイ】吉成名高が日本人初のIBFムエタイ世界王者に

・16歳の天才・吉成名高が衝撃的KOで世界王座を獲得

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果