TOP > 試合結果

【DEEP】アウトサイダー王者・伊藤裕樹がわずか15秒でTKO勝利「てっぺんを取りに行きます」

2019/05/29(水)UP

倒れこんだ相手へ追撃のパウンドを放っていく伊藤裕樹に、レフェリーが止めに入る

DEEP事務局
『DEEP NAGOYA IMPACT 公武堂ファイト』
2019年5月26日(日) 愛知・ホテルプラザ勝川

▼第8試合 メインイベント -60.0kg契約 DEEPルール 5分2R
〇伊藤裕樹 (ネックスイチムエ/ THE OUTSIDER 50-55kg級王者)
TKO 1R15秒 ※レフェリーストップ
●ヨシKING(TEAMKING)

 THE OUTSIDER 50-55kg級王者・伊藤がDEEP初参戦。昨年11月の韓国ROAD FCではキム・テギュンをヒザ蹴りで1R TKOに下すなど、9戦全勝(アウトサイダー戦績も含む)。対するヨシは柔道ベースでボクシングのトレーナーとしても活躍し、戦績は4勝1敗。

 1R開始早々に伊藤が強烈な左ストレート一発。これで倒れこんだヨシKINGに伊藤が追撃のパウンドを放ったところで、レフェリーが試合を止めた。勝った伊藤はマイクを握ると「アウトサイダーが活動を休止してどこのリングに上がるか悩みました。名古屋からてっぺんを取りに行きます。アウトサイダー最高!」と叫んだ。


大接戦を制した河合歩夢(右)

▼第7試合 ストロー級(-52.2kg) DEEPルール 5分2R
〇河合歩夢(禅道会駒ヶ根道場)
判定2-1 ※18-20、20-18、19-19(引き分けのためマストシステムで河合を支持)
●多湖力翔(ネックスイチムエ)

 空手やアマチュアDEEPで実績を積む禅道会のホープ、河合とアマチュア修斗全日本大会3位の多湖の一戦。

 1R、パンチを出しながら組み付いた多湖はテイクダウンしパウンド。ヒールホールドも仕掛けて河合を追い込む。河合は立ち上がってテイクダウンされるがマウントポジションを取ってパウンドで反撃に出た。

 2R、タックルを仕掛ける多湖に河合はフロントチョーク。脱出した多湖はマウントポジションからマウントパンチと一進一退の攻防を見せる。スタンドでは右ストレートを被弾する多湖だが、テイクダウンし腕十字。これを凌いだ河合がバックに付いてスリーパーを仕掛けたところで終了のゴング。河合が大接戦を制した。


パウンドで追撃するアゴデマン

▼第6試合 フェザー級(-65.8kg) DEEPルール 5分2R ※ヒジなし
〇アゴデマン(宇留野道場/スプラッシュ)
TKO 1R4分51秒 ※セコンドからタオル投入
●山口春樹(チームバルボーザジャパン)

 1R、空手の構えから大振りのパンチを見せるアゴデマン。山口のタックルをひたすら凌いでいく。
 出会い頭にパンチをクリーンヒットさせたアゴデマンがパウンドで追撃し、山口のセコンドがタオルを投入した。

▶︎次ページはKO、一本勝ちが続出の第5試合~第1試合

●編集部オススメ

・しなしさとこの復帰戦の相手はメルヘン戦士マドレーヌ

・弥益ドミネーター聡志がDJ.taikiに逆転KOで初防衛成功

・【DEEP JEWELS】出るか変則回し蹴り! 極真・藤田翔子が未知なるフランス人ファイターとキックで対戦

・【DEEP JEWELS】プロ連勝中のあい、ジュエルスの経験豊富な山口さゆりと対戦

・【アウトサイダー】前田日明が大激怒!アウトサイダー史上最多の乱闘が勃発

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果