TOP > 試合結果 一覧

【ホーストカップ】大石駿介が大差の判定で王座防衛、元空手王者・内田雄大は初代新王者に(動画あり)

2019/12/18(水)UP

アーネストホーストジムJAPAN
『HOOST CUP KINGS NAGOYA7』(6P目)
2019年12月15日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホール

▼第4試合 58kg契約 3分3R
○泰良拓也(PFP/RISEフェザー級8位)
TKO 1R 0分47秒
●アミン・エル・アッサリ(PeterAertsGym)

 6戦全勝というレコードを引っさげ、ピーター・アーツの愛弟子で格闘代理戦争にも出場したアミン・エル・アッサリがホーストカップに初登場。武蔵兄弟の薫陶を受ける泰良拓也と激突した。アミンはワセリン塗布で減点1からスタート。独特のタイミングで放つ伸びのある変則的な前蹴りにアッサリは活路を見出したいようだったが、泰良のハイが目に入り戦意喪失。アンラッキーな1RTKO負けを喫した。


▼第3試合 67kg契約 3分3R
○ヴィトー・トファネリ(ブラジリアンタイ/ FIGHT DRAGON70kg王者)
判定2-0 ※28-28、29-27、29-28
●洋輔YAMATO(大和ジム/ NJKFウェルター級4位)

 中野椋太や麻原将平を鮮やかなバックスピンキックで沈めてきたヴィトー・トファネリが再びホーストカップに登場。洋輔YAMATOを迎え撃った。しかし、この日のトファネリのコンディションはいまひとつ。スタミナ切れを起こす場面もあったが、2Rにキッチリと右のパンチでダウンを奪い判定勝ち。来年はウェルター級戦線をかき回す存在になるか。


▼第2試合 60kg契約 3分3R
○マキ・チャーチャイ(真樹ジムAICHI/元ルンピニースタジアム スーパーバンタム級3位)
判定3-0 ※30-28×2、30-29
●MASATO(STRIKES-GYM)

 ″真樹ジムAICHIの秘密兵器″ マキ・チューチャイが来日2戦目を迎えた。RISEのランカーであるMASATOと拳を交わしたが、オーイオーイの掛け声とともに左ミドルや右のヒザ蹴りを決め、試合の流れをたぐり寄せる。3Rこそ慣れぬヒジなしルールに、ホールディングにより警告を受ける場面もあったが、そのまま逃げ切った。来年以降はEXルールに活路を見出すか。


▼第1試合 EXルール 60kg契約 3分3R
○HIRO YAMATO(大和ジム/ NJKFスーパーフェザー級3位)
判定3-0 ※29-28、30-28×2
●涼(ハーデスワークアウトジム)

 HIRO YAMATOは、現在NJKFスーパーフェザー級3位の19歳。この日は広島からやってきた涼(ハーデスワークアウト)と激突した。1Rこそ涼の右ストレートで守勢に回る場面もあったが、地元の応援を背にラウンドが進むにつれ挽回。ロープに押し込んでのヒザ蹴りで涼のスタミナを削って3-0の判定勝ちを収めた。


▼OP第6試合 53kg契約 3分3R
○HΛL(OISHI-GYM)
判定2-1 ※30-29×2、29-28
●勇馬(山口道場)
勝者:HΛL 判定2:0(30:29)(30:29)(29:28)

 オープニングファイトにも魅力的なタレント揃い。大﨑兄弟の活躍に刺激を受けるHAL(OISHI GYM)はまだ童顔の18歳ながら、ポテンシャルの高さは人一倍。タイミングのいい左ミドルを効かせ、鈴木真彦二世を目指す勇馬(山口道場)を2-1で撃破した。来年の活躍が楽しみな存在だ。


▼OP第5試合 59kg契約 3分3R
○竹本亮吾(OISHI-GYM)
判定3-0 ※三者とも29-28
●仲川広汰(TenCloverGym)

▼OP第4試合 61kg契約 3分3R
○RISING大輝(己道会)
判定3-0 ※30-26、30-28、30-27
●蓮YAMATO(大和ジム)

▼OP第3試合 67kg契約 3分3R
○吉田理玖(朋武館)
TKO 1R 2分44秒
●森脇竜之介(大原道場)

▼OP第2試合 54kg契約 3分3R
○翔太YAMATO(大和ジム)
判定3-0 ※29-28×2、30-29
●山川敏弘(MynishKickboxingGym)

▼OP第1試合 61kg契約 3分3R
●中野龍一(朋武館)
TKO 3R 0分56秒
○上村康太(真正会)

▼OP OYAZI KICK提供試合 第4試合 ヘビー級 1分30秒2R(延長1分)
○上田則男(熱情グループ/OYAZI KICKヘビー級王者)
判定3-0
●押久保修二(ENJOY)

▼OP OYAZI KICK提供試合 第3試合 66kg契約 1分30秒2R(延長1分)
○猫いぬい(テツジム関西/OYAZI KICKライト級王者)
判定3-0
●必殺仕事人中村もんどのすけ(INSPIR-S)

▼OP OYAZI KICK提供試合 第2試合 72kg契約 1分30秒2R(延長1分)
○闘うお坊さんピストン竜樹(NK GYM)
判定2-0
●寺尾文孝(RISING己道会)

▼OP OYAZI KICK提供試合 第1試合 68kg契約 1分30秒2R(延長1分)
●エンヤー・サングーン(健心塾 伊勢支部)
判定0-2
○岩田健一(GET OVER)

●編集部オススメ

・大石駿介がレイ・セフォーからの刺客に左ボディで圧巻KO=19年5月

・ル・マンのレースクイーンがラウンドガールに、ミス・ブラジルも

・空手世界王者・内田雄大がキック世界王者からダウン奪って勝つ=18年12月

・お尻がチャームポイント、大胆ラウンドガール決定

・“生ける伝説”マキ・ピンサヤームが引退から1年ぶりに復帰

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧