TOP > 試合結果 一覧

【HEAT】三大タイトルマッチは全KO決着、“戦うクリスチャン”松島勲也がT-98にTKO勝ち

2020/09/13(日)UP

気迫の表情でパンチを振るうヘンリー

HEAT事務局・志村道場・日本拳法同心会館
『HEAT47』
2020年9月12日(土)東京・ スターライズタワー スタジオアース

▼第9試合 HEAT KICK ライト級タイトルマッチ 3分5R
〇ヘンリー・セーハス(ブラジリアン・タイ/王者)
TKO 4R 1分06秒 ※右ロー
●氏原文男(フリー/挑戦者)
※ヘンリーが初防衛

 ヘンリーはRIZINに2度出場経験を持つダニロ・ザノリニ率いるブラジリアン・タイに所属するHEAT KICKライト級王者。前回の『HEAT46』で暫定王者の将暉に挑み、2Rに右フックを浴びせてベルトを奪取した。今回が初防衛戦となる。

 対する氏原は初代WBCムエタイ日本統一フェザー級王者。「KOもしくは、圧倒的な差で勝とうと思ってます」と意気込み、2本目のベルトを狙う。

 ヘンリーは跳び前蹴り、ローと先制し、さっそく強打を振るっていく。前蹴りとミドルで遠ざけんとする氏原だが、ヘンリーはこれに止まらず右ストレートを強振していく。

強烈な右ローで3度のダウンを奪ったヘンリー

 氏原は2Rから前に出て、ヒザを交えて打ち合いを展開。だがヘンリーの右ストレートを受け、ややよろめく。左右ストレートに前蹴りと手数の多いヘンリーを氏原は抑えられない。

 3R、前に来る氏原に対しヘンリーは巧みに距離を作ってローを当てる。氏原が脚を気にすると、ヘンリーはハイキック、右ストレートとヒットの数を上げる。氏原もローを中心に応戦するが、ダメージが見られ手数で劣る。

 4R、ヘンリーは右ローを追加し、遂に氏原をダウンさせる。そしてハイキックなどを交えてさらに襲い、右ローで2度目のダウンを奪取。立ち上がった氏原だが余力はなく、ヘンリーが右ローで3度目のダウンを与え決着した。

 王座を守ったヘンリーは「みなさん、今日はコロナの中最後までありがとうございます。コロナの中、試合を組んでくれて、HEATも対戦してくれた氏原選手も、チームのみんなもありがとうございます。これからもHEATを盛り上げていきましょう!」と語り、陣営とともに勝利を喜んだ。

▶次ページはアビラル・ヒマラヤン・チーターvs竜也

●編集部オススメ

・王者ヘンリー・セーハスが初防衛戦に計量パス「ベルト持って名古屋に戻る」

・43歳モハン・ドラゴン、戦友・久保優太の支えで試合を生中継!

・【RIZIN】元十両・貴ノ富士が参戦決定、MMAで外国人レスラーと対戦「大和魂見せる」=9.27さいたまSA

・HEATが「ガラナ」エナジードリンクを発売、春日井 「5R最後まで動ける」

・【試合動画】HEAT46=石井慧、ピーター・アーツ、ジェロム・レ・バンナほか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧