TOP > 試合結果 一覧

【キック】石井一成がヒジ打ちで圧巻KO勝利、福田海斗が本場ムエタイの実力示す、小林愛三は判定勝利=NO KICK NO LIFE

2020/10/30(金)UP

このヒジ打ちでダウンを奪った福田(右)

▼セミファイナル 55kg契約 3分5R
◯福田海斗(ウォーワンチャイ・プロモーション/キングムエ)
判定3-0 ※50-45、50-44、49-44
●馬渡亮太(治政館)

 福田はムエタイの本場・タイのリングで活躍を続け、現在はラジャダムナンスタジアムバンタム級のランカーとなっている。元WPMF世界フライ級王者他、プロムエタイ協会や、テレビマッチのTrue4Uの2階級でもベルトを巻いている一流ファイター。10月4日のBOMではムエタイ戦士のユットをTKOで下している。

 馬渡は、18年9月にタイ・チェンマイスタジアム認定バンタム級王座を獲得するなど、タイで活躍。昨年5月にはジャパンキック同級王座を獲得し、二冠を達成する飛躍を見せた。長くしなやかなミドルキックと殺傷力の高いヒジを武器とする。今年8月には元WPMF世界スーパーバンタム級王者のダウサコン・モータッサナイと引き分けた。

 1R、福田はプレッシャーをかけて、右ローを放つ。馬渡は、様子を見ながら、左右のミドルを蹴る。それを受けた福田は舌を出して、笑顔で前進。終盤に、福田は右ストレートを見舞う。

 2R、馬渡が右ミドル、前蹴りで距離を取る。福田はじりじり前に出て、左ヒジを振るうと、コーナーで入れ替わって、強烈な右の横ヒジをクリーンヒット、馬渡がダウンを喫する。ヒザ蹴りを使いながら、ペースを掴む福田。

 3R、福田が前進して右ローを蹴る。福田は、さらに右ヒザ蹴りや、右のボディストレートで馬渡のボディを狙う。だが、馬渡も負けじと左右ヒジをカウンターで的確にヒットさせ、福田は左の目尻をカットする。

 4R、福田は首相撲に持ち込むと、ヒザを見舞い、それを顔面やボディに突き刺す。馬渡はカウンターの右肘を狙うが、福田の首相撲のテクニックが光り、徐々に福田のペースに飲み込まれていく。

 5R、福田は、これまで通りプレッシャーをかけて、しつこく組み付くと、ヒザ蹴りを何度も馬渡のボディに突き刺す。馬渡は細かくヒジ打ちを見舞うが、福田の首相撲や、ヒジ打ちに苦しそうな表情を見せる。福田が右ヒジをヒット、さらに右ヒザ蹴りを見舞ったところで、馬渡が崩れ落ちダウン。何とか立ち上がる馬渡だが、立っているだけで、精一杯の状態に。勝敗は、判定となり福田が圧勝した。

●編集部オススメ

・【キック】福田海斗vs馬渡亮太が対決、グラビアアイドル・大貫彩香がラウンドガールに=10.29 NO KICK NO LIFE

・【キック】小林愛三、RISE王座トーナメント決勝前に後藤まきと対決=10.29 NO KICK NO LIFE

・【キック】47歳・後藤まきが前日計量パス、ムエタイ王者・小林愛三に「倒されても、倒しにいく」=NO KICK NO LIFE

・【キック】初代KNOCK OUT王者・石井一成がイノベーション3階級王者・岩浪悠弥と対決=10.29 NO KICK NO LIFE

・大貫彩香、鈴木ふみ奈、松嶋えいみ、まいてぃの豪華メンバーがラウンドガールに決定=10.29 NO KICK NO LIFE(写真10枚)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧