TOP > 試合結果 一覧

【キック】石井一成がヒジ打ちで圧巻KO勝利、福田海斗が本場ムエタイの実力示す、小林愛三は判定勝利=NO KICK NO LIFE

2020/10/30(金)UP

小林(右)が右ストレートをヒットさせる瞬間

▼第3試合 51kg契約 3分3R(肘なし)
◯小林愛三(NEXT LEVEL渋谷)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-28
●後藤まき(RIKIX)

後藤も右ストレートで攻める

 小林はパワフルな攻撃が特徴とアグレッシブファイトが持ち味で、わずか6戦目でムエタイオープン女子フライ級王座を獲得。昨年11月にはWPMF(世界プロムエタイ)女子世界フライ級王座を獲得。現在は、初代RISE QUEENフライ級(-52kg)王座決定トーナメントに参戦しており、決勝を今冬に控えている。

 対する後藤は気持ちの強さが持ち味のベテランファイターで、寺山日葵や聖愛らチャンピオンクラスに善戦するも判定で破れてきた。今年8月のRISEでは、RISE期待の若手・AKARIと-49kg契約戦で激闘するも惜敗している。今回は小林側に近い体重となるが、王者たちを苦しめてきた手数で勝利なるか。

 1R、開始直後、小林が右ストレートで襲いかかる。後藤は、遠い距離からのワンツーをコンパクトに放つ。小林は右のロー、前蹴りで牽制しつつ、左フックをヒットさせる。後藤も、近い距離となると右のヒザ蹴りを放つ。

 2R、後藤は前に出てワンツーを見舞う。小林は右のハイキックを狙うが、わずかに届かず。右ローを当てる小林に、後藤は右ストレートを見舞う。小林は、後藤の右ストレートに、右のオーバーハンドをカウンターでヒットさせる。若干小林が、ヒット数で上回る。

打ち合いにいく小林(左)

 3R、序盤から小林が、怒涛のラッシュで左右のフック、右ストレートを連続で放つ。後藤も、それに応じるように、長い手足を活かした右ストレートで応戦。しかし、パンチの手数とヒット数で小林が上回る。組み際にはしつこく、右ヒザ蹴りを見舞っていく小林。両者とも、終盤までパンチを出し続け、終了のゴング。小林をジャッジ3者が支持し、小林が判定勝利した。

●編集部オススメ

・【キック】福田海斗vs馬渡亮太が対決、グラビアアイドル・大貫彩香がラウンドガールに=10.29 NO KICK NO LIFE

・【キック】小林愛三、RISE王座トーナメント決勝前に後藤まきと対決=10.29 NO KICK NO LIFE

・【キック】47歳・後藤まきが前日計量パス、ムエタイ王者・小林愛三に「倒されても、倒しにいく」=NO KICK NO LIFE

・【キック】初代KNOCK OUT王者・石井一成がイノベーション3階級王者・岩浪悠弥と対決=10.29 NO KICK NO LIFE

・大貫彩香、鈴木ふみ奈、松嶋えいみ、まいてぃの豪華メンバーがラウンドガールに決定=10.29 NO KICK NO LIFE(写真10枚)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧