TOP > 試合結果 一覧

【DEEP JEWELS】女王・前澤智が一本勝ちで有終の美「格闘技は私にとって、たった1つで全部でした」

2020/10/31(土)UP

栗山(左)が得意の打撃を活かしベテラン・アミバに勝利

▼第7試合 DEEP JEWELSフライ級 5分2R
●アミバ(AACC)
判定0-3 ※三者とも18-20
○栗山 葵(SMOKER GYM)

 アミバは2009年5月にプロデビューの、寝技を得意とするグラップラー。元RIZIN女子スーパーアトム級王者・浜崎朱加の練習パートナーとして腕を磨く。18年3月大会で1年8カ月ぶりの復帰戦を行いひかりに判定勝利したが、同年9月大会では奈部ゆかりに大差の判定負け。昨年8月には赤林檎に判定負けと減量に苦しむ中、今回はフライ級(56.7kg)の一戦に挑む。

ローキックで攻める栗山

 対する栗山は負けん気の強さを全面に出すストライカー。着実に実績を積み重ねる中で、いよいよDEEP JEWELSのセミファイナルに登場する。

 1R、上背のある栗山が出した左ミドルに合わせ、アミバがタックル。テイクダウンを奪えなかったが、栗山の脇に両手を刺しケージに押しつける。脇の差し合いから片足をとりテイクダウンを奪うのはアミバ。しかし栗山がバックをとり、コツコツパウンドを落とす。再びケージ際の差し合いからブレイク。リーチが長い栗山の左ストレートにアミバがタックルを合わせるが、距離が遠くあっさりと切られてしまう。

 2R、スタンドでは右ジャブ、左ストレートをヒットさせる栗山が優位。アミバは苦し紛れのタックルをしかけるも、栗山に届かずテイクダウンには至らない。ケージ際のタックルも丸く回る栗山があっさり脱出する。
 やや強引気味なタックルで栗山の右足をつかみ、ようやくアミバがケージ際に押しつけるが、手が出ずブレイク。再開直後のタックルも栗山がガブり、アミバはケージ際で頭を押し付けるのがやっと。決め手がないまま終了のゴング。得意の打撃でアミバを完封した栗山が判定勝利を収めた。

 栗山はマイクを握ると「東京初めて出させてもらえて楽しかったです。関西からもいい選手が出られるように、これからもがんばります」とコメントを残した。

写真提供:DEEP事務局

▶︎次ページはKAIvsさくら

●編集部オススメ

・10.31全試合順決定、メインは前澤智のラストマッチ、山崎桃子の復帰戦は第5試合に

・王者・前澤智が最後の計量パス「時代が幕を閉じる瞬間を見届けて」

・引退する王者・前澤に挑む青野ひかる「絶対チャンピオンになります!」=前日計量

・美ボディ格闘家ケイトがデビュー戦、極真全日本2位の藤田翔子と対戦へ

・山崎桃子、暴行事件乗り越え復帰戦「成長した姿を見せます」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧