TOP > 試合結果 一覧

【DEEP JEWELS】女王・前澤智が一本勝ちで有終の美「格闘技は私にとって、たった1つで全部でした」

2020/10/31(土)UP

引退試合で王座防衛に成功し、晴れやかな表情を見せる前澤

DEEP事務局
『skyticket Presents DEEP JEWELS 30』
2020年10月31日(土)東京・ニューピアホール

▼第8試合 DEEP JEWELSアトム級タイトルマッチ 5分3R
○前澤 智(リバーサルジム 立川 ALPHA/王者)
一本 3R 0分57秒 ※フロントチョーク
●青野ひかる(ストライプル新百合ヶ丘/挑戦者)

引退試合でタイトル戦に臨んだ王者・前澤(右)と、挑戦者・青野(左)

 前澤は12年にJEWELSでプロデビュー。17年12月に第6代DEEP JEWELSアトム級王座を戴冠した。これまで黒部三奈、富松恵美、浅倉カンナ、ハム・ソヒ、浜崎朱加といった強豪と対戦を続けてきた中、この一戦を最後に引退を表明。王座を懸けたラストマッチに挑む。

 対する青野はレスリングで輝かしい実績を残し17年に総合格闘技に転向。9戦6勝3敗の戦績を持つ。昨年12月にハム・ソヒの妹分であるパク・シウにTKO負けを喫したが、再起戦となった今年7月のリオン戦では、進化を見せてパウンドでTKO勝利。悲願の王座奪取のチャンスを得た。

 1R、上体を振る青野がタックルでテイクダウン。ケージ際で前澤が立つも、横投げで再びグラウンドへ。前澤が背負うように投げるが、青野がハーフ気味に上を取る。前澤が立ってもケージを使い投げ、グラウンドから逃がさない青野。ケージに背をつけさせるように前澤を押しつけ、コツコツと右フックを頭部へヒットさせる。

 2R、前澤がプレッシャーをかけ放った右ハイに合わせ、青野がタックルからテイクダウン。バックをとった青野が右手を前澤の首に回し、スクランブルからハーフガードへ持ち込む。前澤は下からフックを浅くヒットさせ、青野も頭部へコツコツフック。前澤は下からスクランブルを仕掛け、上からヒジ連打、バックからコツコツと右フックを重ねる。

前澤がチョークを極めて一本勝ちする瞬間

 3R、青野のタックルに合わせた腰投げで前澤がテイクダウン。ケージ際からのスクランブルから青野の首を取った前澤がフロントチョーク。深く極まったチョークを外せず、たまらず青野がタップアウト。前澤が挑戦者・青野を退けタイトル防衛に成功。劇的な勝利で選手生活を締めくくった。

 試合後に行われた引退式では、これまで前澤が戦ってきた盟友であるSARAMI、長野美香、富松恵美、黒部三奈、パク・ジョンウン、浅倉カンナ、浜崎朱加、ハム・ソヒからメッセージが寄せられた。

勝利に感涙する前澤

 マイクを握った前澤は、対戦した青野へ「渡部(修斗)選手との二人三脚での格闘技人生、私にはできなかったのでうらやましく思えました。二人支え合ってジュエルスを支える選手になって欲しいと思います」と、これからのジュエルスを支える選手としてエールを送った。

 そして改めて「選手生活の中で私の基準は死ぬこと、死ぬために生きてるみたいな、死ぬことが生活の基準にありました。これからも生きていたいと思わせてくれた旦那には感謝しています」と、今年結婚した夫へ感謝の言葉を述べた。

 またファンへ向け「格闘技は私にとって、たった1つで全部でした。楽しいことも苦しいこともくれたし、奪っては奪っては、それ以上のものを与えてくれました。これからは人生っていう戦いの場で、時にファイターとして、時に誰かのセコンドとしてがんばっていきたいと思いますので、これからも人間・前澤智をよろしくお願いします。ファンのみなさんと心は一緒に生きていきたいと思います」と、ひとりの人間として人生を歩むと宣言。ファンの拍手を浴びながら最後のリングを降りた。

写真提供:DEEP事務局

▶︎次ページはアミバvs栗山葵

●編集部オススメ

・10.31全試合順決定、メインは前澤智のラストマッチ、山崎桃子の復帰戦は第5試合に

・王者・前澤智が最後の計量パス「時代が幕を閉じる瞬間を見届けて」

・引退する王者・前澤に挑む青野ひかる「絶対チャンピオンになります!」=前日計量

・美ボディ格闘家ケイトがデビュー戦、極真全日本2位の藤田翔子と対戦へ

・山崎桃子、暴行事件乗り越え復帰戦「成長した姿を見せます」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧