TOP > 試合結果 一覧

【DEEP JEWELS】女王・前澤智が一本勝ちで有終の美「格闘技は私にとって、たった1つで全部でした」

2020/10/31(土)UP

代打参戦の村上(右)が16歳・須田に勝利を収めた

▼第3試合 DEEP JEWELS 49kg以下 5分2R
○村上 彩(フリー)
判定3-0 ※20-18、19-19(マスト村上)、19-19(マスト村上)
●須田萌里(SCORPION GYM)

 コスプレイヤーとしての顔を持つ村上。当初リオンが出場予定だったが、ケガによる欠場のため急遽村上が代役となり、デビュー戦に挑むこととなった。
 対する須田はDEEPアマチュアで腕を鳴らす期待の16歳。こちらもプロデビュー戦であり、フレッシュな一戦となった。

 1R、スピーディなフットワークの両者。強い右ローを放つ村上へ、須田が右ストレートを合わせる。右ハイから首相撲へ持ち込む須田に覆い被さるように村上がテイクダウン。ハーフガードで耐えた須田が一度はスタンドに戻すも、村上が再びテイクダウン。須田が下から足を狙い続けるも、村上が上からパウンドを落とし続ける。

パウンドを落とす村上

 2R、村上がスリップ気味に転倒したところへ須田が上を取り、足首狙いからパウンド。足を狙い続ける須田が下になると、村上は強いパウンドを落とす。スタンドの展開に持ち込みたい須田は、長い左右フックと右ミドルでプレッシャー。須田は強引に組み、ケージ際で上をとり再びパウンド。村上を背負ったまま立ち上がる須田へ、村上は背後からチョークを仕掛ける。最後は村上をマットに落とした須田がパウンドを落とす中、試合終了。

 判定はマスト2者を含む3-0で村上の勝利。グラウンドにおける主導権が勝敗を分けた。


ミッコがパウンドを連打し、デビュー戦をTKO勝利で飾った

▼第2試合 DEEP JEWELS 58kg以下 5分2R
○ミッコ・ニルバーナ(AACC)
TKO 2R 2分51秒 ※パウンド連打
●ゆりな(COOL CHAMP)

ミッコ(上)がパウンドでゆりなを苦しめる

 これまでDEEPアマチュアで実績を残した清水美貴子。川尻達也率いるT-BLOODで腕を磨いた後、AACCへ移籍し、ミッコ・ニルバーナとリングネームを一新し、プロデビュー戦に挑む。
 対するゆりなは5年の柔道経験を誇り、これまでアマチュアで3戦3勝。ミッコとのデビュー戦対決に挑む。

 1R、パンチの打ち合いからバックをとったミッコ。ゆりなに背負われたまま、上からゆりなにパンチをコツコツとヒットする。テイクダウンを奪ったミッコがパウンド、鉄槌の連打。一度はスタンドに戻したゆりなだったが、終了30秒前には再びミッコがマウントポジションから鉄槌を落とし続ける。

 2R、ミッコが頭でゆりなをケージに押しつけ、右フックを顔とボディに打ち分け。ゆりなの左腕をとりアームロック。またもマウントからパウンドを連打する一方的な展開となる。左右のフック連打を浴びるゆりなの抵抗がないと確認したレフェリーが試合をストップ。ミッコがデビュー戦対決を制し、初勝利を飾った。

写真提供:DEEP事務局

▶︎次ページは極真・藤田に美女で話題のケイト・ロータスが挑む

●編集部オススメ

・10.31全試合順決定、メインは前澤智のラストマッチ、山崎桃子の復帰戦は第5試合に

・王者・前澤智が最後の計量パス「時代が幕を閉じる瞬間を見届けて」

・引退する王者・前澤に挑む青野ひかる「絶対チャンピオンになります!」=前日計量

・美ボディ格闘家ケイトがデビュー戦、極真全日本2位の藤田翔子と対戦へ

・山崎桃子、暴行事件乗り越え復帰戦「成長した姿を見せます」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧