TOP > 試合結果 一覧

【イノベーション】NJKF王者・山浦俊一、葵拳士郎との接戦制しWBC日本王座獲得

2020/12/27(日)UP

JAPAN KICKBOXING INNOVATION
「CHAMPIONS CARNIVAL 2020(第1部)」
2020年12月27日(日)東京・新宿FACE

葵(右)との接戦を制しWBC日本タイトルを獲得した山浦(左)

▼第10試合 WBCムエタイ日本スーパーフェザー級(58.97kg)タイトルマッチ 3分5R
●葵 拳士郎(マイウェイジム/元INNOVATION日本スーパーフェザー級王者、WBCムエタイ日本スーパーフェザー級王者) 
判定0‐3 ※48‐49、47‐49、47‐50
〇山浦俊一(新興ムエタイジム/NJKFスーパーフェザー級王者、WBCムエタイ日本スーパーフェザー級1位/挑戦者)
※山浦が新王者に、葵は初防衛に失敗

 葵は空手仕込みの蹴り技を得意とし、17年にINNOVATION王者に就いた。19年2月、琢磨を破りWBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王座を奪取し、今回が初防衛戦。
 対する山浦は元B-FAMILY NEO所属で大田原兄弟と共に中学時代はWINDY SUPER FIGHTで活躍。5年のブランクを経て2017年に復帰すると、19年9月にNJKF大阪大会でNJKFスーパーフェザー級タイトルを獲得している。

 1R、葵が左右ロー、前蹴りと蹴り技主体の攻めで前進しパンチにつなぐと、山浦は右ローを返す展開。終盤には葵が右ハイをヒットさせた。
 2R、変わらず蹴り技をテンポよく当てていく葵に、山浦は組み付くとこかしを何度も決めてペースを握らせない。

 3R、山浦が接近戦を仕掛けて左ボディ。葵は右のテンカオ、右ハイを交ぜていくが、山浦は巧みなディフェンスでヒットを許さずに前に出る。

 4Rには山浦は首相撲を仕掛けてヒザを当ててこかすなどペースを握っていく。
 5R、葵はパンチで詰めるものの、山浦は組み付いてはヒザ、こかしで相手の攻撃を寸断させやはり主導権を握らせない。山浦が判定勝利でベルトを獲得した。


激しい打ち合いを繰り広げた藤野(左)と櫻井(右)の一戦はドローに

▼第9試合 ジム対抗戦 スーパーフェザー級(58.97kg) 3分3R
△櫻井 健(Hardworker/INNOVATIONスーパーフェザー級1位)
ドロー 判定0‐0 ※三者とも29‐29
△藤野伸哉(RIKIX)

 これまでに4度タイトルに挑戦している39歳のベテラン、櫻井は前戦となった11月のInnovation スーパーフェザー級次期王座挑戦者決定トーナメント準決勝(vs児島真人)で勝利した。
 対する藤野は19戦12勝5敗2分のキック戦績を持つほか、公認会計士講座の講師も務めているという24歳。

 1R、左ミドルで前進する櫻井に、藤野は左右の蹴りからパンチで返していく。

 2R、左ジャブを突いて右ローにつなげる櫻井は右ストレートをクリーンヒット。下がらず前に出る藤野は右ハイ。お互いに打ち合って激しい試合展開に。

 3R、左フック、右ハイと多彩な攻めを見せて前に出る藤野に、櫻井はパンチ、ヒジを交ぜて応戦。藤野は額をカットし大流血。
 櫻井も出血し、お互いにドクターチェックが入る。再開後も接近戦で激しく打ち合い試合終了。櫻井と藤野の激戦は引き分けに終わった。

▶次ページは、その他試合結果

●編集部オススメ

・【イノベーション】“ベルトまでもうすぐ!”無冠の38歳・櫻井健が激戦制す、5度目のタイトル戦まであと一歩

・【イノベーション】55kg賞金トーナメント開催決定、6冠・岩浪悠弥ら4人の王者が集結

・【イノベーション】元極真世界王者・与座優貴、同階級・原口健飛らとの対戦に「興味も希望もある」

・ぱんちゃん璃奈、新生KNOCK OUTで3階級制覇宣言「喰いたい人がいればぜひ来て欲しい」と女子ファイター参戦を呼びかけ

・【ボクシング】4団体制覇王者・高山勝成がプロ復帰戦で元日本王者・小西に勝利「来年さらに上目指す」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧