TOP > 試合結果 一覧

【UFC】美しき柔術世界王者ダーンが華麗なアームバーで初回一本勝ち「トップ5の選手と戦いたい、私は王者の器」と、タイトル挑戦を宣言

2021/04/11(日)UP

ニーナから初回一本勝ちを決めたダーン(左)(©Getty Images/UFC)

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ラスベガス23』
411日(日・日本時間)米国ネバダ州ラスベガス/UFC APEX

▼女子ストロー級マッチ
●ニーナ・ヌネス(米国)※今大会から姓をアンサロフから変更登録
一本 1R 4分48秒 ※アームバー
○マッケンジー・ダーン(米国)

序盤から激しく打ち合うダーン(左)とニーナ(右)(©Getty Images/UFC)

 マッケンジー・ダーンはブラジリアン柔術の世界選手権を2度制した実績を持ち、身長160㎝・53kgの体格で186cm・95kgのギャビ・ガルシアをグラップリングマッチ(打撃禁止の組み技限定ルール)で破ったことでも知られる“美しき柔術世界王者”。
 世界トップの寝技だけでなく、アグレッシブな打撃も彼女の武器。その美貌からも多くのファンを集める存在だ。昨年9月にランダ・マルコス(カナダ)をアームバーで1R一本勝ちを収め、同年12月にビルナ・ジャンジロバ(ブラジル)を判定で退け、現在、3連勝中。MMA戦績は10勝1敗。

 対するニーナ・ヌネス(※今大会から姓をアンサロフから変更登録)は、UFC女子選手では史上初となる2階級制覇の偉業を達成したアマンダ・ヌネス(32=ブラジル)と結婚した同性パートナーとしても知られる選手で、昨年9月に二人の第一子を出産し、1年10カ月ぶりのオクタゴン復帰戦となる。MMA戦績は10勝6敗。

 1R、両者ともにオーソドックスの構え。パンチを連打しながら前進するダーン。ニーナは軽いバックステップでその圧力をかわす。ダーンが打ち合いから組みつき、ニーナをケージに押し込む。両腕を振り回しながらの打撃でニーナに組み付くダーンはニーナの左脚を引き抜き抱えると、軸足を刈ってのテイクダウンに成功。

 ニーナがクローズドガードからオープンに切り替えたところでパスガード。サイドからマウントへと、流石は柔術世界王者と思わせる見事なムーブ。
 ダーンはマウントからアームバーを仕掛けながらパウンド。残り1分、ダーンはニーナの左腕を取りアームバー狙い。一方のニーナは両腕をクラッチしディフェンス。残り時間まで抗う姿勢のニーナだったが、ダーンの気持ちで勝ったか、残り12秒、ダーンがその腕を伸ばしきり、ニーナがタップした。

 ダーンは、ニーナのセコンドについたヌネスとニーナと、お互いの健闘を称え合うハグ。前日の計量と同じく、スポーツマンシップ溢れる姿を見せた。

 ランキング5位のニーナを破り4連勝のダーン。試合後のインタビューで「トップ5の選手と戦いたい、私は王者の器だ」と、タイトル挑戦に強い意欲を見せた。

▶︎次ページは、その他のメインカードの試合結果

●編集部オススメ

・【UFC 前日計量】ギャビに勝った美人柔術世界王者ダーンと“最強女王”ヌネスのパートナー・アンサロフが一発クリア

・ギャビを破った美しき柔術世界王者ダーン、ダンス&寝技映像でファン歓喜の84万再生

・22歳“スーパーモデル級”ロシア美女が衝撃の“29秒”KO勝利! 右ストレートで相手は失神

・22歳の“スーパーモデル級”ロシア美女戦士がベラトールデビュー!前日計量に“白のボディコン姿”で登場=4.10

・スロバキア美女ムエタイ王者、わずか90秒のハイキック秒殺KO!相手は前のめり倒れ完全失神

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧