TOP > 試合結果 一覧

【Krush】松岡力が加藤虎於奈にダウン奪い新王者に、壽美は真優に勝利し涙の戴冠

初参戦の幸輝がFUMIYAに豪快1RKO勝利
2021/04/23(金)UP

幸輝(右)の右ストレートに、バッタリと倒れるFUMIYA

Krush実行委員会
『Krush.124』(3P目)
2021年4月23日(金)東京・後楽園ホール

▼第5試合 Krushウェルター級 3分3R・延長1R
●FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)
KO 1R 2分7秒 ※右ストレート
○幸輝(インタージム/初代KPKBスーパー・ウェルター級王者)※Krush初参戦

 FUMIYAは水泳ジュニアオリンピック、陸上でも関東大会出場を果たすなど、学生時代にはアスリートとして活躍。その身体能力を活かしたフィジカルが持ち味。

 対する幸輝は、初代KPKBスーパー・ウェルター級王者の肩書きを持つ。Krush初参戦のファイターだ。

幸輝の強烈な右がヒット

 1R、スピーディな両者は、共に左右のミドル、ローと蹴りを散らす。中盤、FUMIYAがアグレッシブに左右のフックで攻めるが、幸輝が右ストレートをヒット。これにダメージを負ったFUMIYAに、さらに幸輝が強烈な右ストレートをクリーンヒット。FUMIYAがバッタリと倒れて、幸輝が圧巻KO勝利を飾った。


中平(左)に向かっていく植村

▼第4試合/Krushクルーザー級/3分3R・延長1R
◯植村真弥(WSRフェアテックス幕張)
KO 1R 1分43秒 ※スリーノックダウン
●中平卓見(北眞舘)

植村の強烈なフックがヒット

 植村は左右の豪快なフックとタフネスが持ち味のファイター。対する中平はサウスポーから繰り出すテクニックのある打撃が持ち味だ。

 1R、植村がガードを固めて襲いかかり、左右のスイングフックを強打。中平は、サウスポーに構えて左のヒザ蹴りやミドルで応戦する。すると、植村が一気に距離を詰めて、ストレート、フック、アッパーと強烈パンチを連打。

 植村の左右のフックがボディに突き刺さり、中平がダウン。何とか立ち上がった中平だが、植村が左右のフック連打からの右アッパーで、ダウンを2度奪って、KO勝利した。

▶︎次ページはBigbang王者の昇也が大逆転KO勝利

●編集部オススメ

・[前日計量]女王の座を賭けバチバチの前哨戦、前蹴りKOの真優は「明日もバンバン当てる」対する壽美「当たっても私は止まらない」

・[前日計量]王者・加藤虎於奈と挑戦者・松岡力、親友同士の二人は共に「明日は倒す」

・計量パスの“全裸新聞”堀井翼、はぎ取るとそこには何と…試合は「250%KOする」と豪語

・【Krush】ラウンドガールに”筋肉女子” ビキニコンテスト優勝の石田が初登場

・今年のKrushラウンドガール6名が決定、新顔は筋肉女子&レースクイーンの2名

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧