TOP > 試合結果 一覧

【UFC】韓国フェザー級チェが圧巻の“97秒殺”KO!崖っぷちからの3連勝でパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトも受賞

2021/06/21(月)UP

ハンドスピードで完全に上回っていたチェ(右)(©Getty Images/UFC)

 6月20日(日・日本時間)に米ネバダ州ラスベガス/UFC APEXにて開催されたUFCファイトナイト・ラスベガス29』にて、韓国選手が衝撃のKO劇を見せた。  
 メインカードのフェザー級ワンマッチ、ジュリアン・エローサ(31=米国)とチェ・スンウ(28=韓国)の一戦。

 エローサはMMA戦績25勝9敗のベテランで、直近の3試合は全てフィニッシュ勝利(1TKO、2サブミッション)と波に乗っている。16年3月の「UFC196」で石原夜叉坊にKO負けしたことがある。

 対するチェは2010年のムエタイ世界選手権で銅メダルを獲得するなどムエタイベースの選手。韓国MMA団体「Top Fighting Championship」の元フェザー級王者としての実績を持ち、19年にUFCに参戦。デビュー2連敗とリリースの危機に見舞われたが、そこから復活。現在、2連勝と勢いに乗っている。MMA戦績9勝3敗。

 試合は、両者がオーソドックスの構え。序盤から左ジャブ、右ハイ、右ストレートのカウンターを当て、スピード・反応で大きく上回るチェ。両者の距離が縮まった刹那、チェの強烈な左フックがエローサの顔面を直撃!

 エローサが大きく後に倒れると、チェはそのままパウンドで追撃。エローサの意識が飛んだところで、レフェリーが試合を止めた。

 1R137秒の圧巻の秒殺KO勝利を飾ったチェは、会で最も優れたパフォーマンスを見せた選手(2名)に贈られる「パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト」を受賞。一時は崖っぷちに立たされたチェが、これで連勝記録を3に伸ばした。

▶︎次ページ(動画)は、韓国フェザー級チェが“97秒殺”KO!強烈な左フック&パウンドアウトの圧巻のシーン

●編集部オススメ

・【UFC】40歳ベテラン・ブラウンが戦慄の一撃KO!相手を完全失神させ「こんな40歳はどうだ!」と咆哮

・【UFC】村田夏南子が無念のドクターストップ負けで号泣、ブラジル柔術黒帯のアームバーで腕を負傷

・【連続写真】井上尚弥の豪快ダウン&KOの瞬間(18年〜21年6月までバンタム級6試合)

・【動画&写真】井上尚弥の圧巻KO劇、ダスマリナス悶絶のダウン、その瞬間【photo&Movie】Naoya Inoue vs Dasmarinas )

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧