TOP > 試合結果 一覧

【UFC】村田夏南子が無念のドクターストップ負けで号泣、ブラジル柔術黒帯のアームバーで腕を負傷

2021/06/20(日)UP

強烈なパンチを被弾する村田(©Getty Images/UFC)

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ラスベガス29』
2021年6月20日(日・日本時間)米ネバダ州ラスベガス/UFC APEX

▼女子ストロー級マッチ
●村田夏南子(日本)
TKO 2R終了時 ※ドクターストップ
○ビルナ・ジャンジロバ(ブラジル)

 村田はレスリングで活躍し『RIZIN』で総合格闘家としてプロデビュー、19年11月に米MMAのINVICTAストロー王者になると、UFCと契約。昨年11月にUFCで勝利し2連勝を狙う。
対するは元Invictaストロー級王者で、UFC同級13位のジャンジロバだ。

腕が交差する村田(左)とジャンジローバ(右)©️UFC

 1R、村田がサウスポー、ジャンジローバはオーソドックス構え。開始早々、強いプレッシャーのジャンジローバの右がヒット、村田が体勢を崩し、金網まで飛ばされる。金網を背にした村田に、ジャンジローバがパンチの連打。強烈な右が村田の顔面をとらえる。

 序盤からのパンチの交換で主導権を握られた村田。自分の距離と徐々に前に出るも、長いリーチのジャンジローバのジャブやストレートを被弾。ジャンジローバの打撃に翻弄される。

右目下も大きく腫れ上がる村田(©Getty Images/UFC)

 組んだジャンジローバが村田をグラウンドに引き込む。村田がトップからパウンドを落とすが、柔術黒帯のジャンジローバは下から村田の左腕をとり、腕十字!完全に腕を伸ばされ、タップ寸前の村田だったが、何とか左腕を抜き、窮地を脱出する。

 2R、右目の下が大きく腫れ上がる村田。さらに、腕十字を仕掛けられた左腕の様子もおかしい。村田は左腕のガードが上がらず、ジャンジローバのハイキックを貰ってしまう。力が入らないのか、左腕が下がり、右腕だけで戦っている状態。

 2R終了後、すぐにドクターが駆け寄り、村田の左腕をチェック。触るとすぐにレフェリーに何やら話しかけ、レフェリーが試合ストップした。

 UFC強豪の前に何もできなかった村田、小声で「やる」と試合続行を口にしながら悔しさのあまりに号泣した。

 勝利したジャンジローバは、1Rの腕十字の際「村田の腕から音が鳴るのを何度か聞いた。彼女はすごくタフな日本の選手だった。タフな彼女を尊敬する」と、村田の諦めない戦いを称賛した。

 ジャンジロバブラジリアン柔術黒帯の寝技師で、これまでの16勝のうち13勝は一本勝ちによるものだが、今回の17戦目は打撃でのTKO勝利となった。

▶︎次ページ(動画)は、ドクターストップの瞬間、無念の村田が「やる」と試合続行を求めながら号泣

●編集部オススメ

・【UFC】村田夏南子が計量パス、フェイスオフでは桜庭和志の”サクポーズ”で睨み合い、2連勝なるか

・【UFC】”RIZIN看板”背負う村田夏南子がデビュー戦快勝、UFCベテランに強烈ヒジ連打と4回のテイクダウン決める

・【月間ベストファイター・4月】冷静なプラン変更で逆転劇へ!MMA海外デビュー戦を勝利で飾った渡辺華奈

・【動画あり】三角絞めと腕十字の同時攻撃で失神!無名アフガン戦士が見事に一本勝ち=海外MMA

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧