TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】イモトがモハン・ドラゴンに勝利しタイトル戦アピール「ぜひベルトを巻かせてください」

2021/07/27(火)UP

イモトがドラゴンに勝利(C)YCC

シュートボクシング協会/グラップリングシュートボクサーズ
『SHOOTBOXING 2021 YOUNG CAESER CUP CENTRAL #27 “DEAD or ALIVE”TKO COVID 19』

2021年7月25日(日)愛知・ホテルプラザ勝川

▼第9試合(メインイベント)SB日本スーパーライト級ランキング戦 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇イモト・ボルケーノ(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本スーパーウェルター級4位)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-26
●モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾/Bigbangウェルター級王者、元MA日本スーパーライト級王者)

蹴りを放つイモト(C)YCC

 5月23日から延期となっていた愛知県大会のメインイベントは、モハン・ドラゴンとイモト・ボルケーノの日本スーパーライト級ラインキング戦が組まれた。モハンは、今年4月の海人戦、6月の村田聖明戦ともに豪腕を武器に激闘を繰り広げたばかり。日本スーパーライト級タイトル挑戦を狙うためにも、勝利をあげたいことだろう。

 強豪を迎え撃つ形となったイモトは、今年2月のシリーズ開幕戦で6連勝と勢いのある一階級上の上位ランカーの村田義光からダウンを奪い、判定勝利を収めている。さらに勢いに乗るためにも、ドラゴン狩りを達成したいところだ。

パンチを放つドラゴン(C)YCC

 1R、イモトはローキック、左ストレート。モハンはガードを固めて、ロー、右のロングフック。イモトはバックドロップで豪快にモハンを投げ捨て、2ポイントを獲得。ローを連発するモハンは、左フックでKOを狙った。

 2R、モハンが前へ出てフック。イモトは前蹴り、右フックを合わせる。バックを奪ったイモトは、投げ捨てるがポイントにならず。右フックを当てて、転倒するモハン。それでもモハンは、前へ出て強烈なパンチを繰り出す。風を切る音が聞こえてきそうなモハンのフックをイモトはかわして、手を挙げる。

勝利したイモトはタイトル戦をアピール(C)YCC

 3R、モハンはロー、右フックで攻撃。勢いがあったのか、イモトは転倒。モハンはダウンをアピールするが、認められず。組みついてフロントチョークに入るイモトだが、これは不発。だが、すぐに首投げでシュートポイントを奪った。
 モハンは、最後までフックを振り回す。イモトがチョークの体勢に入ったところで、試合終了。判定3-0で、イモトが勝利。勝利が決まった瞬間に涙を流した。

 マイクを握ったイモトは、「モハン選手は中学校の頃からトップファイターだった鈴木博昭選手をKOして怖い選手だったんですけど、足を使って勝つことができました。アマチュア時代を含めてタイトルを獲ったことがないので、ぜひシュートボクシングのベルトを巻かせてください」とアピールした。


蹴りをヒットさせる内藤(C)YCC

▼第8試合 SB日本スーパーバンタム級ランキング戦 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇内藤凌太(BELLWOOD FIGHT TEAM/同級2位、元DEEP☆KICK-55kg級王者)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-28
●二田水敏幸(NEXSPORTS/同級3位) 

パンチを放つ内藤(C)YCC

 SB日本スーパーバンタム級2位・内藤凌太と同級3位・二田水敏幸のトップランカー対決が実現した。内藤は、豊橋最強三兄弟の長男。今年3月にはRIZIN27で弘樹を破っている。対する二田水は45歳のベテランで、MAXFCのタイトルマッチを韓国で行ったが大ケガを負い、今回が復帰戦となる。 
 両者は5年前に対戦し、この時は内藤が勝利を収めている。二田水が、リベンジ戦と復帰戦を勝利で飾れるか注目の一戦となった。

 1R、二田水はワンツーからミドル。内藤はロー、ハイと蹴り分ける。さらに右ロングフックで追い込む。二田水のローキックに、フックを合わせる内藤。ローの蹴り合い。二田水の飛び込んでのボディブローが決まり、ほぼ互角の展開となる。

内藤凌太が判定勝利(C)YCC

 2R、ジャブからワンツーを放つ二田水。内藤は、右フックを当てていく。下から上に攻める内藤が、積極的に攻撃する。二田水もパンチを返すが、クリーンヒットしない。ロングフックからショートでつなげる内藤の攻勢が目立つ。

 3R、内藤がヒザ蹴り。二田水は左右のボディフック。左、右とパンチで攻める内藤は、首投げにつなげるがポイントにはならなかった。左右のボディフックで打開したい二田水だが、なかなか内藤をくずせない。最後まで勝負はもつれて、判定へ。3-0のフルマークで、内藤が勝者となった。

≫次ページは第7~5試合結果

●編集部オススメ

・【テレビ】ボクシング『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報=7.24〜8.8(東京五輪ボクシング)

・【テレビ】柔道 『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報=7.24〜7.31(東京五輪柔道)

・【シュートボクシング】海人がZST王者・小金翔を完封勝利、MISAKIはアグレッシブに攻めて勝利

・ツヨカワRENAに新相棒、ベンツG350購入でゲレンデ女子に

・”ツヨカワ女王”RENA、引退後は「居酒屋さんとかやりたい、酔わせるよ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧