TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】海人がZST王者・小金翔を完封勝利、MISAKIはアグレッシブに攻めて勝利

2021/06/20(日)UP

海人(右)が右ストレートをヒットさせる。

一般社団法人シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2021 act.3』
2021年6月20日(土)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第7試合) 71.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
◯海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者)
判定3-0 ※三者とも30-27
●小金翔(フリー/第3代ZSTライト級王者)

 海人はシュートボクシング(以下SB)の絶対的エース。今年2月の『REBELS~FINAL~』で日菜太に判定勝利し、KNOCK OUT-BLACKスーパーウェルター級王者のベルトを手にした。前戦は4月のモハン・ドラゴン戦で、ダウンも奪い判定勝利している。

 対する小金はアグレッシブなファイトスタイルが魅力のZSTの現役王者。前戦は今年4月の『ZST.70』で判定勝利している。MMAのリングからSBに殴り込みだ。

 1R、海人がスピードのある左のインロー、右のカーフキックで攻撃を組み立てる。小金は組みついて投げを狙う。海人は左フックをヒットさせ、右のカーフキックを何度も蹴る。ジャッジは3者とも海人を支持。

右のカーフキックを蹴る海人

 2R、小金が右の前蹴りを放つ。海人は距離が近づくと左のヒジ打ち。海人が右ストレートをヒットさせて、小金を退け反らせる。さらに、強烈な右ローを蹴り込む海人。ジャッジは3者とも海人を支持。

 3R、海人が右のカーフキック、左のボディ打ち、右ストレートでペースをキープする。前にどんどん出る海人だが、小金も距離が近づくと組みついて連打を許さない。3R全てのラウンドを海人が優勢に進めて、順当に判定勝ちした。

 勝利した海人は「自分のことですが、今日は父の日で日頃お礼を言えていないので言わせてください。お父さんいつも本当にありがとう。世界に行きたいので、迷惑いっぱいかけると思うけど、よろしくお願いします。皆さんの力を借りて世界に絶対行くので皆さんの力を貸してください。これからも応援よろしくお願いいたします」と語った。

 試合後のインタビューでは「ONEに行きたいです。ペトロシアンとかやりたい選手が沢山集まっているので、そこに行きたいです」と今後は世界との戦いを見据えた。

▶︎次ページは、セミファイナルの「笠原弘希vs.古村匡平」

●編集部オススメ

・【シュートボクシング】エース海人がZST王者・小金翔に「全部を含めて圧倒します」と完勝宣言=6.20後楽園

・【シュートボクシング】MISAKIが計量パス、“スタイルチェンジ”で「今は別人です」対するERIKOは再計量でパス

・【ボクシング】井上尚弥がダスマリナスに3R左ボディブローで悶絶のKO勝利

・【連続写真】井上尚弥の豪快ダウン&KOの瞬間(18年〜20年10月までバンタム級5試合)

・【シュートボクシング】笠原弘希がスアレックをボディで粉砕KO、2021年は「僕がSBを引っ張る」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧