TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】背を向け笑顔で逃げる相手にコナー・ベンが「来いよ!」と激怒、圧勝で無敗記録伸ばす

2021/09/05(日)UP

逃げる相手に激怒のコナー・ベン(c)DAZN

 WBAウェルター級コンチネンタル王者コナー・ベン(24=英)が95日(日本時間)イングランドにてアドリアン・グラナドス(32=メキシコ)を相手に圧倒、100-90と全ラウンドをつけるジャッジがいるほど大差の判定勝ち(3-0=100-90、99-91、97-93)で5度目の防衛に成功した。
 ベンは来年末までに世界王座を目指す。父は悪の破壊者と謳われた元世界2階級(ミドル&スーパーミドル)王者ナイジェル・ベン(57)。

【フォト&動画】背を向けて笑顔で逃げる相手に激怒のコナー・ベン

 ベンは前戦で北米(NABA)ウェルター級王者サミュエル・バルガス(コロンビア)に1RTKO勝利しており、今回もKO勝ちが期待された。

 1Rから豪快な右フックを振るっていくベン。ロープに詰めボディ、フックと打ち込んだ。2Rにはベンの連打に膝をつくもスリップ判定に。
 
以降、グラナドスもサークリングしながらタイミングを見て反撃するもベンの積極性、ヒット率が上回る。グラナドスは被弾し顎が上がり、バランスを崩すシーンがあるも、持ち前の打たれ強さで耐えた。さすが4階級王者エイドリアン・ブローナーと判定2-1の接戦を演じているだけある。

 最終10Rも倒しに行くベンだったが、終盤にベンが攻めに行くとグラナドスは背中を向けて逃げ、観客に笑顔で大きく手を上げる。もう勝てないと分かっていて無駄な打ち合いはしないとのポーズなのか、それとも「俺には当たらないぜ」とのアピールなのか。その態度に観客はブーイング!そこで少し打ち合うもすぐに離れる。
 するとベンは怒り「来いよ!」と両手を広げ胸を叩き怒りを爆発させると、グラナドスは下がってまたもやバンザイポーズ、会場からは再びブーイングが起こり、終了のゴングが鳴った。
 
ベンは防御中心の相手を倒すことはできなかったが、戦績を19勝(12KO)無敗に伸ばした。

 セミファイナルでは世界女子ライト級4団体(WBA/WBC/IBF/WBO)統一王者のケイティー・テイラー(35=アイルランド)が元IBF世界女子フェザー級王者のジェニファー・ハン(38=米国)にダウンを奪う判定勝ちで見事防衛。

 メインは元IBF世界フェザー級王者ジョシュ・ワーリントン(英国)vsマウリシオ・ララ(メキシコ)はバッティングでララが左目上を大きく切り、2Rテクニカル・ドローとなった。

▶︎次のページは【フォト&動画】背を向けて笑顔で逃げる相手に激怒のコナー・ベン

●編集部オススメ

・上半身タトゥー超合金ボディのコナー・ベンが計量パスで雄叫び

・衝撃KO、まるでロッキーだ! わざと殴らせる激闘で期待…も一転、ロープ外へ崩れ落ちるKO負け

・【フィットネス】”剣道女子”国際線グランドスタッフが美ボディを披露、筋肉コンテストで初優勝

・ボクシングニュース、試合結果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧